400ccという排気量で、すべての人に分け隔てなく接し、その名を知らないライダーがいないほどの知名度と抜きんでた高性能を持つ……CB400スーパーフォアっていうのは、ホンダの傑作のひとつなんです。

すべてのライダーを正しく導く

画像: すべてのライダーを正しく導く

ホンダのCB400スーパーフォア(以下CB400SF)の名前を知らない日本人のオートバイ乗りはまずいないと思います。

世代によっては教習所でお世話になった車両かもしれないし、オートバイに詳しい人であれば、熟成を重ねた別格の400ccスーパースポーツとして認識しているかもしれません。

CB400SFは初登場の1992年から約四半世紀もの間、変わらず400㏄直列4気筒のエンジンを搭載し、ライダー自らが操る歓びを味わえるオートバイ、というコンセプトをキープしたまま、今日まで長い年月を走り続けています。

振り返ってみれば、こんなオートバイって他にないですよね……。

ここにきてパワーアップ!

しかも、新しい排ガス規制によって生産終了になるかもしれないという噂もあった中、CB400SFは
見事にそれを乗り越えてきました。そのうえで、ここにきて最高出力を上乗せ!

本来の魅力であるスポーツ性に磨きをかけてきたんです。

画像1: ここにきてパワーアップ!

新しいCB400SFは、まずエンジンを掛けた瞬間のエキゾーストサウンドから違います。4気筒独特の乾いたサウンドに迫力が増しているうえに、走り出せば低速から力が増していて、スロットルレスポンスも鋭い。

画像2: ここにきてパワーアップ!

高速道路のクルージングでも従来モデルよりも余裕があって、明らかに動力性能が向上している!

画像3: ここにきてパワーアップ!

それに合わせて前後サスペンションも路面状態をダイレクトに感じやすい味付けに変更されているようです。

コーナーで車体をバンクさせていく動きは、ライダーの意志に完全に従うニュートラルの極み。このハンドリングはCB400SFの変わらぬ大きな魅力のひとつなのだけれど、その時の前後タイヤの接地感を、これまでより明確に感じることができるようになっています。

サスペンションの味付けが変更されたことで走行中にギャップを踏んでも車体姿勢の収まりは良くなっているし、ブレーキのフィーリングも握り始めのダイレクト感が増しています。

画像4: ここにきてパワーアップ!

このバンク中の安心感、そして確かなブレーキタッチに支えられながら、力強さを増した4気筒エンジンのフィーリングを味わうのがCB400の醍醐味!

画像5: ここにきてパワーアップ!

400㏄以下のクラスでは、スポーツバイクでも2気筒が主流になっている今、この精密機械らしさに溢れる伸びやかさは、CB400以外では絶対に味わうことのできない快感の世界です。

この快感性能はビギナーにとっては扱いやすく、胸のすくような爽快感として感じられるだろうし、熟練したライダーにとっては意のままに操る歓びに直結するはず……。

最新のCBは最良、を貫く

画像: 最新のCBは最良、を貫く

改めて、これだけの完成度を持つ400㏄スポーツが存在することに感謝。だって、普通二輪免許を取得したばかりのライダーでも、この走りを味わえるんですからね。

年齢も性別も免許区分も問わず、誰もが楽しめる最良の400スポーツ。これを「最優のCB」と言わ
ずして、何と言えばいいのでしょうか!?

CB400シリーズの詳細情報はココからどうぞ!

画像: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

This article is a sponsored article by
''.