プロのライダーでもないかぎり、いかにアフリカツインが高いオフロード性能を持っていても踏み込めないエリアがあります。でもホンダには、そこすら超えていける冒険性能を備えたバイクがある。それがCRF250ラリーです!

リアル・オフローダーの積年の悩み

画像: リアル・オフローダーの積年の悩み

大排気量アドベンチャーバイクでオフロードに踏み入ると、そのボディサイズと重量から、ある程度の緊張感はどうしても拭いきれません。

高いオフロード性能を与えられているアフリカツインでさえ、やっぱりハードなダートを目に前にすると、若干、尻込みをしてしまうのが人情ってもんです(笑)

それが何故かと言うと、やっぱり万が一のことを考えてしまうから。こう言うと身も蓋もないかもしれないけれど、オフロード走行というのは「転んで当たり前」の世界でもあるんですよね。

CRF250ラリーの車両重量はABSモデルでも157kg!アフリカツインより75kg以上軽い!?

でも重量240kg前後が多い大排気量アドベンチャーでは、ひとたび転んだら後が大変。一緒に走る仲間がいれば、まだしも良いけれど、足場の悪いダートで巨体を引き起こすのはあまり想像したくありません。

さらに、けっこう走れるから!といって調子に乗ってオフロードを突き進んでいったら、あえなく行き止まり……なんてこともオフロードでは日常茶飯事です。

このときも車格の大きいビッグアドベンチャーでは、Uターンすら困難を極めることが多いです。

ぶっちゃけてしまえば、オフロードを純粋に愉しむならば、250㏄の軽量なトレール車がいちばん適しているってこと。

でも、250ccのトレール車は高速道路の長距離移動が弱点で、あまり遠くまで走ると、冒険が始まる前にクタクタになっちゃうんですよ(笑)

本格的な悪路走破力に高速道路の快適性を上乗せ

画像1: 本格的な悪路走破力に高速道路の快適性を上乗せ

そこでCRF250ラリーの出番です。

防風性に優れた装備は高速道路での体力の損耗を最低限に抑え、余裕をもって冒険へ挑ませてくれるし、軽い車体は林道で行き止まりに出くわしても、万が一転んでしまっても、すぐに再び走り出せます。

画像2: 本格的な悪路走破力に高速道路の快適性を上乗せ

この対応力の広さだけはアフリカツインだって絶対に敵いません。もちろん、ハードなガレ場や急坂だって、慎重にいけば間違いなくクリアしていける性能も秘めています。

画像3: 本格的な悪路走破力に高速道路の快適性を上乗せ

つまり、リアルな冒険行を求めるならば、CRF250ラリーの走破力は間違いなくアフリカツインを凌駕しているんです。

筋金入りの冒険野郎たちの行動範囲を、さらに拡げる理想の1台。

画像4: 本格的な悪路走破力に高速道路の快適性を上乗せ

これぞ『真の冒険バイク』と呼ぶに相応しい……そう思わせるのが『CRF250ラリー』なんです!

CR250 RALLYの詳細情報はコチラからどうぞ!

画像: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

This article is a sponsored article by
''.