1960年代の世界ロードレースGPで大活躍したホンダが、市販大型車の分野においてもヨーロッパ勢に追いつき追い越すために量産世界初のDOHCモデルを開発した。

世界最強を目指して作られたCB450

1965年にホンダは、DOHC方式や市販車初の負圧式CVキャブレター、そしてユニークなトーションバー・バルブスプリングなどの当時の最新技術を盛り込んだCB450を市場に投入する。すでにCB92やCB72、72をベースにボアを6㎜拡大して305ccとしたCB77を欧米に輸出していたホンダが、より大排気量でパワーのある車両を望む現地からの要望に応えて、当時輸出市場で人気だったトライアンフやノートン、AJSといった650ccの英国勢をターゲットに開発したモデルだ。

排気量で200cc小さいCB450の最高速度は並み居るライバルを上回る180㎞/h超に達し、ゼロヨン加速13.9秒という優れた動力性能をマーク。同時に群を抜く耐久性も実現し、ホンダの世界戦略車第1号として大きな一歩となる。日本でもその独特な燃料タンクの形状に由来する『くじらタンク』の愛称とともに高い人気を博した。

しかし、主要輸出国であるアメリカ市場では、大排気量の生み出す低速域からの豊かな「トルク」を好む傾向もあり、セールス面でCB450はトライアンフをはじめとする英国製650ccツインに勝てた・・・と言える結果を残すことはできなかった。そのためホンダは大排気量第2弾として、後のスポーツ車のあり方を覆すことになる名機、CB750Fourの開発に取り組むことになるのだった・・・。

画像: DREAM CB250(1968) 長年販売されたCB72に代わりデビューした250ccツインスポーツ。性能向上著しい2スト勢に対抗して30PSまでパワーアップされた。近代的なデザインを取り入れたエキスポート、スクランブラーのCL、ビジネスタイプのCDがバリエーション展開される。

DREAM CB250(1968) 長年販売されたCB72に代わりデビューした250ccツインスポーツ。性能向上著しい2スト勢に対抗して30PSまでパワーアップされた。近代的なデザインを取り入れたエキスポート、スクランブラーのCL、ビジネスタイプのCDがバリエーション展開される。

画像: DREAM CB350 EXPORT(1968) 旧型のCB77は305㏄だったが、CB350は325㏄まで排気量を拡大。CB77時代のデザインを踏襲する「CB350」、より洗練されたデザインとツートーンカラーを採用した「エクスポート」、スクランブラータイプの「CL350」がラインアップされた。

DREAM CB350 EXPORT(1968) 旧型のCB77は305㏄だったが、CB350は325㏄まで排気量を拡大。CB77時代のデザインを踏襲する「CB350」、より洗練されたデザインとツートーンカラーを採用した「エクスポート」、スクランブラータイプの「CL350」がラインアップされた。

画像: DREAM CL250(1968) CL72の後継モデル。エンジンは基本的にCB250と共通だが、最高出力を27PSに抑えてオフロード走行に適した、低中速寄りの出力特性に仕上げられていた。

DREAM CL250(1968) CL72の後継モデル。エンジンは基本的にCB250と共通だが、最高出力を27PSに抑えてオフロード走行に適した、低中速寄りの出力特性に仕上げられていた。

This article is a sponsored article by
''.