世界中、どこに行ってもホンダ車は元気に走っている。これは海外取材に出かけたときに世界の街角で見かけたホンダ車を撮影した、その記録である。今回はドイツ ニュルブルクリンクで遭遇したシビック タイプRとNSXだ。

ホンダのスポーツのDNAが“ニュル”で解き放たれた

世界有数の耐久レース「ニュルブルクリンク24時間レース」は、ドイツばかりではなく世界中から注目されるレースである。その舞台となるのはドイツ北西部のニュルブルクにあるサーキット、「ニュルブルクリンク(ニュルとも呼ばれる)」である。ここはノルトシュライフェ(北コース)と呼ばれる全長20.832kmのコースと5.1kmのグランプリコースで構成されているが、ニュルブルクリンク24時間レースは、この2つのコースを使って文字どおり24時間もの間、決勝レースが行われる。

画像: ニュルブルクリンク24時間レース決勝直前の体験走行時間に突然現れたホンダ車。前がNSX、後ろがシビック タイプR。

ニュルブルクリンク24時間レース決勝直前の体験走行時間に突然現れたホンダ車。前がNSX、後ろがシビック タイプR。

またニュルブルクリンクは、クルマ好きの聖地ともなっていて、いつかはここを走ってみたいと多くのドライバーが憧れる場所でもある。さらにここは世界中の自動車メーカーが新型車の開発に使う難コースで、「ニュルでこの走りができれば合格」といった評価基準にされている場所でもある。それは日本車メーカーも同じで、とくにホンダはニュルでの走りにとても力を入れている。

画像: シビック タイプRは7分43秒80というニュルブルクリンク北コースのFF最速(ラップタイム)という称号を持つ。

シビック タイプRは7分43秒80というニュルブルクリンク北コースのFF最速(ラップタイム)という称号を持つ。

たとえばホンダ シビック タイプRは、ニュルブルクリンク北コースのFF車最速タイムの記録ホルダーだ。ラップタイムは7分43秒80。先代シビック タイプRが記録した7分50秒63をなんと7秒近く縮めている。さらにポルシェもコルベットもルニーも“ニュル最速”の称号を日々、争っている。

画像: ニュルブルクリンクに行ったら絶対に買ってしまうコースレイアウトのステッカー。実は筆者も色と大きさ違いで5枚ほど買ってしまいました。

ニュルブルクリンクに行ったら絶対に買ってしまうコースレイアウトのステッカー。実は筆者も色と大きさ違いで5枚ほど買ってしまいました。

そんなニュルブルクリンク24時間レースの決勝レーススタートの直前に、なんとも幸運なことだがこの聖地を私自身も走ることができた。もともとここは走行券さえ買えば誰でも走ることができるのだが、今回は特別に世界有数の有名レースの直前、つまりすでにコースサイドに観客がいる状態での走行である。こんなエキサイティングなことは滅多にあるもんではない。

そこで自分の走行順を待っていると現れたのが、ホンダのNSXとシビック タイプRだった。同じボディカラーで揃え、颯爽とスタート場所にやってきたのだ。そしてタイプRはリアハッチにニュルのステッカーをまさに今、貼ろうとしているところ。彼もそうとう気合いが入っているに違いない。

画像: この日のニュルブルクリンク体験走行に集まったホンダ車はこの3台。すべて同じブルーのボディカラーで、当日はかなり目立つ存在だった。

この日のニュルブルクリンク体験走行に集まったホンダ車はこの3台。すべて同じブルーのボディカラーで、当日はかなり目立つ存在だった。

サムズアップして「ナイスカー!」と声をかけると、「最速の称号を持つシビック タイプRでニュルブルクリンクを走れるなんて、こんなクール!なことないじゃん」とドライバーの彼は笑顔で言う。そのためにシビック タイプRに乗ってきたのだ、とも。

サーキットでこそ、その実力を存分に解き放てるシビック タイプR。これこそがホンダのスポーツの濃厚なDNAが受け継がれている1台だと言えるだろう。

This article is a sponsored article by
''.