ゼネラルモーターズ(以下、GM)とHondaが、両社の電気自動車投入を加速するために、バッテリーセルやモジュールを含めた次期バッテリーコンポーネントに関する協業に合意し将来北米市場向けに投入する商品に搭載される予定です。従来のバッテリーに比べ、高エネルギー密度、小型化、充電時間の短縮が可能となります。

GMとHondaが協業

GMとHondaが、両社の電気自動車投入を加速するために、バッテリーセルやモジュールを含めた次期バッテリーコンポーネントに関する協業に合意しました。
次期バッテリーコンポーネントは、主に両社が将来北米市場向けに投入する商品に搭載される予定です。従来のバッテリーに比べ、高エネルギー密度、小型化、充電時間の短縮が可能となります。

今回の契約では、GMが現在研究開発している次期リチウムイオン・バッテリーシステムをベースに、GMとHondaが共同で開発を行います。また、GMがバッテリーモジュールを生産し、Hondaに供給することも視野に入れられています。バッテリーコンポーネントは、両社が独自で開発しているモデルに適用され、協業による両社のスケールメリットと生産効率の向上により、お客様への提供価値を高めます。

GMとHondaは、電動化の分野において既に協業実績があり、2020年ごろを目途に、先進の水素燃料電池システムの生産を行う合弁会社を、自動車業界で初めて設立しました。両社による共同開発チームは、よりお求めやすい燃料電池や水素貯蔵システムの提供に向けた開発が、順調に進められています。

環境負荷ゼロ社会の実現に向けた新たな一歩が踏み出されましたね。

This article is a sponsored article by
''.