日本が世界に誇るビッグバイクの決定版 CB1300 SUPER FOUR。乗ってみるとわかる、その素晴らしさ。ゆっくり走っても、まっすぐでも、コーナリングしても、何をしても感動する!

ワクワクするって、こういうこと!

画像: ワクワクするって、こういうこと!

ひとしきり眺めて満足。そして走り出します。

《その1》から続いてます!

まずね、エンジン始動から既にヤバいんです。

特に2017年の10月にマイナーチェンジされて、最高出力が110馬力にアップした現行モデルが特にヤバい。

それまでのCB1300SFとは完全に別モノです。

画像1: 《その1》から続いてます!

キュルルッって軽くセルが回って、エンジンに火が入った瞬間……

ド、ゴオオオォォォー!!!

ってバイクが目覚めます。この時の迫力、ハンパじゃない……

画像2: 《その1》から続いてます!

ヤバい、これ絶対ヤバいやつだ……って乗ったことが無い人なら完全にビビるレベルです。

はマイナーチェンジ前と後で変化がものすごいんですよ。よく「ホンダのCBは優等生だよね」って言われたりしますが……

こんな優等生いるはずないだろ!って、ツッコミ入れたくなります(笑)

でも、なんか嬉しくなる。ワクワクする!

もうずっと走っていたい……

画像: もうずっと走っていたい……

重量268kgの重量級ですが、基本、パワーでいろいろねじ伏せます(笑)

発進もクラッチをつなぐだけで余裕でいける。

そしてバイクまかせで動き出すと、もう瞬間的に感動します。そのパワー感です。

スピードなんて30km/hでいいんですよ。それでもこのバイクが秘めた『力』は全身に伝わってくるんです。

そして、重量級の車体なのに極低速の時速30kmでも超安定。どっしり構えてビクともしない!?

これ、スゲェ……ずっと乗っていたい。

その重量も武器にする

画像1: その重量も武器にする

両足が地面から離れて、走り出すとCB1300は独特の世界を見せます。

これが不思議の塊。

試しに左右に振ると、全然重さを感じない。ヒラッと軽く動くんですよ。

重量感が完全に消えて無くなるんです。

でも、コーナリングになると、これがまた違う!?

画像2: その重量も武器にする

動き始めはヒラリと軽く、狙ったラインにピタリと乗ります。ハンドリングは切れ味鋭いっていうタイプじゃないと思う。そういうのはCBRの世界ですから。

それより驚くのは狙ったラインをほとんど外さないことです。

イメージ通りにバイクが動く

排気量1300ccの巨体が手の内にあるような錯覚を覚えます。

普通に考えたら110馬力を使いこなすなんて到底無理。でも、それができる気がしちゃうんです。

このフィーリングを技術と積み重ねで生み出したのなら、ホンダはやっぱりとんでもないメーカーだと思います。

画像: イメージ通りにバイクが動く

しかも、いまどきリヤ2本サスですよ? これはもはやクラシックの領域です。

でもバイクをバンクさせた状態でも、前後タイヤの接地感が手に取るように感じられる。

きちんと路面をトレースしてくれるんです。

その重量も武器に

そして、この安心感を生み出すのには重量も関わってきます。

車両重量268kgの重さを逆手にとって安定感に変換しているんです

走行ラインを定めた後は、そこから揺るがない。だからバイクを寝かせていくことを恐れません。

本当にコーナリング中は、路面に張り付いたような安心感に包まれます。

画像: その重量も武器に

だからCB1300を動かすときには、ブレーキも重要です。

もちろん制動力も充分。重い車体をものともしない減速だって可能です。

でも、それよりバンクした状態から、フロントブレーキを使って車体を起こすのが簡単にできる!

本当に車体がよく出来ていて「バイクとして正しく動く」からこそ、です。バンク状態からフロントブレーキで起こして、逆側に切替す。

正統派のバイクの操りかた。それを確実に実践できるし、メリハリのある走りかたが楽しいんです。

これぞ王者の余裕!

画像1: これぞ王者の余裕!

あとはその安定感に護られて、スロットルオンするだけ。すごい安定感だから、それが誰でもできます。ゴウッ!っとマフラーが一発吼えて、加速態勢に移るんです。

このときのパワーの出方が綺麗で、減速から加速へのつながりがスムーズ。ちなみに現行モデルは、かなりレスポンスが良くなっています。でもギクシャクしない!

そして、加速感がもう……たまらん。ちょっと誤解を招きそうですが、これまた力技でねじ伏せていく感じが快感すぎる。気持ちいい!

画像2: これぞ王者の余裕!

やっぱり、バイクはこうじゃなきゃ!って思いました。

純粋に速いだけの世界じゃない。速いけど、それだけじゃないんです。

CB1300って、これに乗った人が全員「このバイク、最高かよ!?」って思えるバイクなんですよ。

それを生み出すために、あらゆる方面にたっぷりの余裕がとられています。

これが大排気量スポーツの決定版。これぞホンダのフラッグシップ。

王者の度量って、きっとこういうことなんでしょうね!

番外編もあるよ!

ホンダ公式WEBはコチラからどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.