今年で生産60周年を迎え、そして世界最多の生産台数を誇るホンダ、スーパーカブ。
熊本の製作所でカブが1から作られていく動画が、みていてすっごい安心感!それではさっそくご紹介しましょう。

2018年9月14日に発売される「スーパーカブC125」についての記事はこちらから!

一つ一つの部品を組み合わせ、人の手で丁寧に仕上げていきます。

バラバラだった部品がくっついて徐々にバイクの形になっていく様子がこの2分間の動画の中に収まっているので、ぼーっとしながらでも見れちゃう。

バイクができていく様子ってなかなか見ることができないけど、こうやってわたしたちの元にやってきているのですね。点検と調整が細かく繰り返されています。

画像4: youtu.be
youtu.be

繊細な日本人の手だからこそ生み出せるスーパーカブ。まさに職人技。だからみんないつまでも安心して乗れるんですよね。この動画をみると、日本のバイクってやっぱり信頼できると改めて思えます。

スーパーカブがそのうち、“日本の伝統工芸品”と呼ばれる日もそう遠くないかもしれませんね。

それでは動画をごらんください。

画像: Hondaスーパーカブ:Kumamoto Factory Movie youtu.be

Hondaスーパーカブ:Kumamoto Factory Movie

youtu.be

こちらのスーパーカブの動画も面白いので、みてくださいね。

スーパーカブに関する下記記事も読んでね!

This article is a sponsored article by
''.