ホンダが今年1月より、ロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」株式会社SC鳥取の芝生生産・芝生化事業「Shibafull(しばふる)プロジェクト」において、生産した芝生の初出荷と納入が行われました。

Shibafull(しばふる)プロジェクトって?

Shibafull(しばふる)プロジェクトはJリーグ所属のプロサッカーチーム「ガイナーレ鳥取)」が推進する地域課題解決型プロジェクトです。

プロサッカークラブの運営で培った芝生の生産ノウハウや地域特徴を活かし、地域課題(耕作放棄地)の解消、地域活性化に繋げようという取り組みです。

しばふるプロジェクトで生産された芝生によって芝生化された園庭は、約400m2!!

今回の芝生の納入先は、鳥取県境港市にある「つばさ保育園」。芝生の出荷と園庭への敷き詰め作業は、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(以下、Jリーグ)に所属するガイナーレ鳥取を運営するSC鳥取の従業員に加えて、ガイナーレ鳥取の所属選手や園児の保護者も参加して行われました。

画像: 芝生切り出しの様子

芝生切り出しの様子

ホンダのロボット芝刈機「Miimo」(ミーモ)も大活躍!

複雑な形状でも芝を刈ること可能なガーデンパートナーとして愛されているホンダのロボット芝刈機「Miimo」(ミーモ)。つばさ保育園では芝生管理に、このHondaロボット芝刈機のMiimoも導入し、管理の簡素化と園庭の芝生化の両立が実現されました。

今後もJリーグクラブが作っていく芝生がさらに全国へ広がっていき、ホンダ最先端の自動芝刈り機がそれを精製していくお知らせがたくさん聞ける日がたのしみですね。

Miimoの詳細はこちらから!

まだまだあるよ!ホンダのパワープロダクツ!

This article is a sponsored article by
''.