「HondaJet」の2018年上半期デリバリー数が17機となり、小型ジェット機カテゴリーで2017年上半期と2017年暦年に続き、"世界一"に!!

ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company,LLC)概要 
設立   : 2006年8月
出資形態 : American Honda Motor Co., Inc. 100%出資
代表者  : 取締役社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)
所在地  : 米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市

「HONDAの飛行機!?」と思う方もまだまだ多いはず。設立間もないながらも世界トップなんてさすが日本のHONDA♡嬉しくなっちゃいますね!一体どんな飛行機なのか気になりますよね。

2018年5月に発表したHondaJetの新型「HondaJet Elite(エリート)」

画像: HONDA公式サイトより www.honda.co.jp

HONDA公式サイトより

www.honda.co.jp

か、カッコ良い!!青空と雲を美しく表現したように見えるカラーと、雲の中も難なく突き抜けてくれそうなシャープなフォルム。こちらは既に日本国内でも10機以上の申し込みがあり、2019年前半に納入を開始する予定だそう。

誰が買ったの??

一体どんな企業やどんな人が買ったのか気になりませんか?日本での購入となると間違えなくアラブの石油王やハリウッドスターではないことは確か…。最近ニュースで「プライベートジェットを所有しているのでは?」と話題になった某大手アパレル会社社長のように日本でも小型ジェット機の所有が浸透してきているのかもしれません。HACI取締役社長からも以下のようなコメントが届いています!

HACI取締役社長 藤野 道格のコメント
「これまで以上に我々がビジネスジェット業界の最前線に立ち新しいスタンダードを確立していこうとする強い意思を示すものです。今後もグローバルでより多くの方々にHondaJetとHondaJet Eliteをお届けし、お客様の生活の可能性をさらに拡げていきたいと思います」

「生活の可能性を広げていきたい」なんて"Jet"がもっと身近になる日が来るのかもしれません!ビジネスの場にJetがあれば不可能が可能になることが沢山ありそう!「衣装のサンプルをハリウッドに届けてきます!」とか「スティーヴン・スピルバーグを迎えに行ってきます!」なんてことも出来そう。更にプライベートJetがあったなら「ちょっとオーロラ見に行ってくる。」とか「ちょっとアメリカのハロウィーンの様子見てくるね。」なんて言って気軽に旅行に行けるかも!?

夢が広がります。夢と言えば「パイロットになりたい!」なんて言う男の子多いですよね!実際になるのは難しいイメージが強い職業ですが、パイロットのお仕事ももっと身近になる日も近いかもしれませんね!

関連記事はこちら

This article is a sponsored article by
''.