連載『ホンダ偏愛主義』。自他共に認めるホンダマニア・元Motor Magazine誌編集部員でフリーランスライターの河原良雄氏が、ホンダを愛するようになった理由を、自身の経験を元に紐解きます。第18回は「ホンダ車を10台持つとしたら」です。(デジタル編集:A Little Honda編集部)

クルマが10台置ける広いガレージがあったとしよう。現在はレストア済みのビートとデルソルがあるから、あと8台のスペースがある。そこに何を収めるか。一日悩んでセレクトしたのが以下のモデル。ホンダ好きの妄想をご覧いただきたい。

「ホンダ偏愛主義」前回の記事を読むならこちらから!

近所回りはレッドの初代トゥデイ(1985~93)。

3ドアHB、可愛い丸目、低いフォルム、ロングルーフは超グッドデザイン。ピニンファリーナの元チーフデザイナー、エンリコ・フミアが気に入って並行輸入し、仮ナンバーで走っていたと聞く。

画像: 近所回りはレッドの初代トゥデイ(1985~93)。

550cc2気筒のバイブレーションは甲斐甲斐しくっていい。最終型の3気筒PGM-FI搭載のXTiも捨てがたい。

二人乗りの不便さはあるけど初代インサイト(99~2006)も街乗りにいい。

今時ニッケル水素バッテリー? とは思うけど、リアにスパッツを配したクーペスタイルは実験車みたいでカッコいい。ボディは贅沢にもオールアルミ、1Lエンジン+モーターのハイブリッドゆえ好燃費なのが嬉しい。5速MTも惹かれるが、足として楽ちんCVTがいいと思う。

画像: 二人乗りの不便さはあるけど初代インサイト(99~2006)も街乗りにいい。

仲間とドライブに行くなら5ドアワゴンのアヴァンシア(99~03)だ。

大人4人がゆったり乗れるし、エアロデッキみたいにルーフに回り込んだリアゲートは使いやすい。

画像1: 仲間とドライブに行くなら5ドアワゴンのアヴァンシア(99~03)だ。

エンジンはトルクフルなアメリカ・ホンダ製3LのV6がいい。5速ATとの組み合わせでのんびり走らせたい。ボディカラーはミラノレッドで派手に決めたい(人間が地味なので)。

画像2: 仲間とドライブに行くなら5ドアワゴンのアヴァンシア(99~03)だ。

4ドアで人も乗せられて運転も楽しむにはインテグラタイプR(95~01)もいい。スポーツタイプだけどマイナーな4ドアHTはホイールベースが延ばされた分、トリッキーさが失せているので普段使いも可。1.8LのVTECエンジンは200psで、4000~8000rpmの気持ち良さは格別。リアシートは快適とは言い難いけど我慢してもらおう。

箱根に走りに行くならスポーツシビックSi-RⅡ(91~95)とNSX(90~06)があればいいな。

シビックの1.6LのVTECはカムが切り替わる際のメリハリがはっきりしていて気持ちいい。お洒落なスタイルは今見ても新鮮だ。

画像1: 箱根に走りに行くならスポーツシビックSi-RⅡ(91~95)とNSX(90~06)があればいいな。

NSXは言わずと知れたスーパースポーツ。97年に追加された3.2Lの6速MT、それもタイプSがいい。MOMOのハンドル、レカロのシートが備わってドライビング・プレジャーをさらに高めてくれるから。

画像2: 箱根に走りに行くならスポーツシビックSi-RⅡ(91~95)とNSX(90~06)があればいいな。

ガレージにしまっておいてコツコツとレストアを楽しみたいのが初代シビックRS(74~79)とシティターボⅡ(83~86)だ。

シビックは初めてのホンダ車、RSは乗っていたけど手放したことを後悔しているモデル。1.2Lツインキャブは76psでしかないけど、ウッドのハンドルとシフトを通して感じるダイレクト感がたまらなかっただけにまた欲しい。

画像1: ガレージにしまっておいてコツコツとレストアを楽しみたいのが初代シビックRS(74~79)とシティターボⅡ(83~86)だ。

ターボⅡはちょっと暴力的なパワーだったが、そこがまた愛嬌でもあった。初代シティはRとカブリオレに乗っていたけど、1.2Lターボ110psを今味わったらどうなんだろうと言う興味がある。シビックはレッド、ターボⅡはホワイトでおめでたく並べたい。

画像2: ガレージにしまっておいてコツコツとレストアを楽しみたいのが初代シビックRS(74~79)とシティターボⅡ(83~86)だ。

この他にも“Z”を新旧でとか、N360とN-ONEとか、アクティがあるからTN360もとか妄想は尽きない。こういう妄想もまた楽しいもんです。

連載「ホンダ偏愛主義」を1から読むならこちらから。

This article is a sponsored article by
''.