連載『ホンダ偏愛主義』。自他共に認めるホンダマニア・元Motor Magazine誌編集部員でフリーランスライターの河原良雄氏が、ホンダを愛するようになった理由を、自身の経験を元に紐解きます。第18回は「ホンダ車を10台持つとしたら」です。(デジタル編集:A Little Honda編集部)

仲間とドライブに行くなら5ドアワゴンのアヴァンシア(99~03)だ。

大人4人がゆったり乗れるし、エアロデッキみたいにルーフに回り込んだリアゲートは使いやすい。

画像1: 仲間とドライブに行くなら5ドアワゴンのアヴァンシア(99~03)だ。

エンジンはトルクフルなアメリカ・ホンダ製3LのV6がいい。5速ATとの組み合わせでのんびり走らせたい。ボディカラーはミラノレッドで派手に決めたい(人間が地味なので)。

画像2: 仲間とドライブに行くなら5ドアワゴンのアヴァンシア(99~03)だ。

4ドアで人も乗せられて運転も楽しむにはインテグラタイプR(95~01)もいい。スポーツタイプだけどマイナーな4ドアHTはホイールベースが延ばされた分、トリッキーさが失せているので普段使いも可。1.8LのVTECエンジンは200psで、4000~8000rpmの気持ち良さは格別。リアシートは快適とは言い難いけど我慢してもらおう。

箱根に走りに行くならスポーツシビックSi-RⅡ(91~95)とNSX(90~06)があればいいな。

シビックの1.6LのVTECはカムが切り替わる際のメリハリがはっきりしていて気持ちいい。お洒落なスタイルは今見ても新鮮だ。

画像1: 箱根に走りに行くならスポーツシビックSi-RⅡ(91~95)とNSX(90~06)があればいいな。

NSXは言わずと知れたスーパースポーツ。97年に追加された3.2Lの6速MT、それもタイプSがいい。MOMOのハンドル、レカロのシートが備わってドライビング・プレジャーをさらに高めてくれるから。

画像2: 箱根に走りに行くならスポーツシビックSi-RⅡ(91~95)とNSX(90~06)があればいいな。

最後は、ガレージにしまっておきたいのがこのクルマ。

This article is a sponsored article by
''.