ホンダの最大排気量車として燦然と輝く「GOLDWING」。日本の歴史に大型スポーツツアラーという新しいジャンルを築き、発売開始から40年以上という長い歴史を持つバイクである。この連載では、アスリートのように鍛え上げられ、力強くシャープな「GOLDWING」の生い立ちから現在までを紹介していくので、「GOLDWING」が一体どんなバイクなのか、まずは簡単にでも知っていただきたい。今回は第一弾、初代GL1000を見ていこう。
画像: ●水冷4ストロークOHC2バルブ水平対向4気筒●999㏄●80PS/7,500rpm●8.3kg-m/6,500rpm●265㎏●19L●810㎜●3.50-19・4.50-17 ■輸出車

●水冷4ストロークOHC2バルブ水平対向4気筒●999㏄●80PS/7,500rpm●8.3kg-m/6,500rpm●265㎏●19L●810㎜●3.50-19・4.50-17
■輸出車

初代 GL1000 (1975)

北米市場のニーズを考え、これまでにないモデルをと作られたのがGL1000だ。世界トップクラスのパワーと大陸横断を可能にする快適性・高性能を備えようと、低振動・低重心の水冷999㏄水平対向4気筒を新開発し搭載。この時点では、長距離を走りきれるロードスポーツカテゴリーだった。

画像: 当時のホンダ最大排気量となる999cc。単に大排気量だけでなく低振動・低重心とするため水平対向が選ばれた。

当時のホンダ最大排気量となる999cc。単に大排気量だけでなく低振動・低重心とするため水平対向が選ばれた。

ロングツーリングへの備えとしてまず考えたのはダミータンク化で、そこに収納スペースを確保。非常時用のキックアームも付属した。このときの生産は、埼玉製作所狭山工場。排気量自主規制のために国内販売はなく、並行輸入によるもののみであった。

画像: タンク部分はダミーで、電装系やラジエーター・リザーバータンクなどを搭載する。

タンク部分はダミーで、電装系やラジエーター・リザーバータンクなどを搭載する。

画像: スピードメーターはフルスケール220km/h。タコメーターは8,500rpmからレッドゾーンとなるが11,000rpmまで目盛りがある。

スピードメーターはフルスケール220km/h。タコメーターは8,500rpmからレッドゾーンとなるが11,000rpmまで目盛りがある。

次回は二代目をご紹介。お楽しみに。

This article is a sponsored article by
''.