軽自動車でも200万円するこの時代に、軽自動車以外で100万円台のホンダ車を探してみたところ、コンパクトカーの「フィット」とコンパクトワゴンの「シャトル」、そしてミニバンの「フリード」、さらにはセダンの「グレイス」の4モデルがあった。
そこで今回はハッチバック&ワゴン編ということでフィットとシャトルにどんな100万円台のモデルがあるのかを見てみたい。

フィットならバリエーションも豊富でいろいろ選べる

まずはフィット。このクルマは、スポーツモデルのRSを除き、多くのグレードが100万円台の価格で設定されている。さらに魅力的なのはガソリン車もハイブリッド車もFFも4WDもそしてホンダセンシング装備車もあることだ。

画像: フィット13G L ホンダセンシング  FF 165万3480円。

フィット13G L ホンダセンシング FF 165万3480円。

このホンダセンシングは、ホンダが採用する先進の安全・運転支援システムで、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能、車線を維持しながら前方の車両に追従するACC(アダプティブクルーズコントロール)といった先進の安全・運転支援機能のこと。

画像: ホンダセンシング 衝突軽減ブレーキのイメージ。

ホンダセンシング 衝突軽減ブレーキのイメージ。

画像: ホンダセンシング 誤発進抑制機能のイメージ。

ホンダセンシング 誤発進抑制機能のイメージ。

画像: ホンダセンシング アダプティブクルーズコントロールのイメージ。

ホンダセンシング アダプティブクルーズコントロールのイメージ。

この機能は、レーダーとカメラで危険を察知し、普段の運転から長距離運転時などの安全かつ快適なドライブをサポートするものでぜひとも装備したい機能なのである。

さてフィットにはさまざまなラインナップが用意されている。エンジン排気量は1300cc、1500cc、そして1500cc+モーターのハイブリッドだ。またそれぞにFFと4WD、つまり4輪駆動車があり、降雪地域での要望にもしっかりと応えている。

特徴は全長3990〜4045mm、全幅1695mm、全高1525〜1550mm、ホイールベース2530mmというコンパクトなボディサイズだ。最小回転半径も4.7m(1.3LのFFの場合)と小回りも効くのだ。さらにはホンダが採用するセンタータンクレイアウトにより室内は快適な居住性を確保しているのだ。

画像: センタータンクレイアウトのイメージ。

センタータンクレイアウトのイメージ。

そして100万円台のモデルはと言えば、ガソリン車であれば、13G L ホンダセンシング(FF)が165万3480円、4WD車でも184万7880円に設定されている。さらによりスポーティなスタイルを持つ13G S ホンダセンシングも179万640円、その4WD車は198万5040円となりギリギリ200万円以内だ。

でもこれらの排気量は1.3L。最高出力100ps、最大トルク119Nmなので、もうちょっとパワーが欲しいと思うなら排気量1.5Lがお勧めだ。1.5L車なら最高出力132ps、最大トルク155Nmあるので力強い。その1.5Lは15XL ホンダセンシング(FF)が185万3280円と100万円台。ただしその4WD版だと201万5280円と200万円を超えてしまう。残念。

1またフィットの場合、ハイブリッドモデルも100万円台に設定されているグレードがある。まずはベーシックなHYBRID。これはFFが169万9920円、4WDが189万4320円とどちらもOK。

しかしその上のグレードのHYBRID FになるとFFは181万5480円だが、4WDだと200万9880円とわずかに200万円を超えてしまうのだ。さらにハイブリッドモデルとホンダセンシングを組み合わせた場合は、一番低価格でもHYBRID Lホンダセンシングが207万9000円と残念ながら100万円台ではなくなる。

画像: フィットHYBRIDはFFが169万9920円、4WDが189万4320円。

フィットHYBRIDはFFが169万9920円、4WDが189万4320円。

つまりフィットの場合、ガソリン車なら4WDとホンダセンシングを組み合わせたグレードが100万円台で探せるが、ハイブリッド車では、ホンダセンシング装備グレードを選ぶと価格設定が200万円を超えることになる。

そこで200万円以内で選ぶ私のお勧めは、15XL ホンダセンシシングのFFモデルだ。これならパワーも十分だし、安全装備も充実している。燃費だってJC08モード値で22.2km/Lとなんと20km/L超えだ。さすがにハイブリッドのように30km/L超えるほどではないが、ラインニングコストもお財布に大きな負担とならない程度である。

画像: フィット15XL ホンダセンシング FF 185万3280円。

フィット15XL ホンダセンシング FF 185万3280円。

画像: フィット15XL ホンダセンシング FFのインパネ。

フィット15XL ホンダセンシング FFのインパネ。

ガソリン車ならギリギリ100万円台でFFも4WDも選べるシャトル

次はシャトル。これはフィットのワゴン版と言えるモデルである。そこでラインナップを調べてみたところガソリン車ならG ホンダセンシング(FF)が177万120円という価格設定である。さらには4WDモデルも200万円以下がシャルトには存在する。ガソリン車のG ホンダセンシングの4WD車は196万4250円という価格設定だ。

画像: シャトルはG ホンダセンシングがFFで177万120円、4WDで196万4250円となる。

シャトルはG ホンダセンシングがFFで177万120円、4WDで196万4250円となる。

画像: フィットの兄弟車ということもあり雰囲気は似ているが、差別化もされているシャトルのインパネ。

フィットの兄弟車ということもあり雰囲気は似ているが、差別化もされているシャトルのインパネ。

画像: シャトルの魅力はなんと言ってもラゲッジルームである。使い勝手はとてもいい。

シャトルの魅力はなんと言ってもラゲッジルームである。使い勝手はとてもいい。

このシャトルは、フィットよりもボディサイズは大きくなるが、その分、ユティリティ性能は高い。それにボディサイズが大きくなったからといっても小回り性能を確保、最小回転半径はHYBRID Z以外はすべて4.9mを確保している。

画像: ガソリン車ならギリギリ100万円台でFFも4WDも選べるシャトル

ただしハイブリッド車になると全モデルが200万円を超えてしまうのだが、ハイブリッドは手が届かないけれど、実用性や経済性、さらに4WDとホンダセンシングは欲しいという要望を満たすならこのシャトルは選択肢に入れてもいいだろう。さて次回はセダン&ミニバン編で100万円台のホンダ車を探してみたい。

This article is a sponsored article by
''.