今年(2018年)発売されたホンダのCBR250RR。大人気なだけあってここ最近街中で見かけることも多いです。
しかし!中には「かっこいいけど値段がちょっと…」なんて不安要素を時々聞くこともあります。
今回は、そんな風に少しでも思っているあなたに、CBR250RRの“値段に隠された魅力”をお伝えしていきたいと思います。

普通に走っててカッコつくんです!

ツーリングで走る信号のない広い道路や山道では大きな音を立てながら大きなバイクが走る光景って良く目にしますが、このCBR250RRではそんなに頑張らなくても大丈夫!

【新設計の水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒250ccエンジン】が普通に運転しているだけでその実力を最大限に発揮してくれるので、難しいことを考えなくてもスイスイいけちゃうんです。ですから大型バイクに乗っているあの人や、先輩ライダーにも「運転うまい!」なんて一目置かれちゃうことも考えられますよね?

どうしても最高出力が注目されがちだけど、普通に走っていると6000~8000回転をよく使います。この回転域での扱いやすさがハンパじゃない。運転が恐ろしくイージーなんです。これ、知られざるCBR250RRの魅力のひとつかもしれません。

操作性が色々抜群

レーサーが乗っているような格好良いビジュアルからは、運転するのが難しそうに見えますが、ハンドリングがしやすく、操作する喜びすら感じさせてくれるんです!ブレーキのキレも良く、運転するたびに安心感を与えてくれます。バイク選びでは一番重要なポイントですよね。

更にCB250RRには『Comfort』『Sport』『Sport+』という3段階のライディングモードを設けており、ゆっくり、もしくは流すように走るときは『Comfort』、街中などの止まったり発進したりがある場所では『Sport』、ワインディングロードの走行では『Sport+』モードといった要領で使い分けることで、より走りやすく、安全性も確保されるんです。

そのモードの違いがハッキリとしていることで、モードを選択する時にも迷いが生まれず最高に気持ちの良い走りを体感できるんですよ!

ガルアーム形状のアルミスイングアーム。スイングアームがアルミっていうのも本気です。ちなみにスイングアームが軽いアルミ製になるとリヤサスペンションの負荷が減って、サスペンションの動きが良くなるし、重量のマスが集中するからハンドリングも良くなる。

あとブレーキフィーリングがとにかく最高なんですよ! 変な言いかただけど、ブレーキレバーの操作フィーリングが高級です。全然グニャッとしてる感じが無くてハリがある。高級パーツのラジアルポンプのマスターシリンダーみたい。これが実現できるって技術ってスゲェ……って思います。

極め付けは音!

操作性に加えてサウンドにもこだわっているんです。回転数に関わらず、常に上質なサウンドで、走っている喜びをこれでもかという程感じさせてくれます。

右側2本出しの斬新なデザインのマフラー。ここから放たれるエキゾーストサウンドにもこだわり開発。3室に分けたサイレンサーの、2室、3室それぞれから排気管を設けたデュアルテールパイプ仕様を採用。これにより、それぞれ異なる特性を持った排気音のバランスを取り、低回転域での力強いサウンドと、中・高回転域でのレーシングマシンの咆哮を彷彿させる官能的なサウンドを両立している。

大型バイク顔負けの安定感やサウンドは走る喜びを最大限に感じさせてくれます。それでも体にフィットしやすいスリムなボディーと車体重量は165kg!女性でも扱いやすいという特徴は250ccらしさが残っている計算し尽くされた設計。もう脱帽です。

つまり!今までにない唯一無二の250ccクラスのバイクがCBR250RRなんです。だんだんとこのバイクの凄さわかってきましたよね!?250ccを超えているんですから…。

画像2: HONDA公式サイトより/CB250RR/税込756,000円 www.honda.co.jp

HONDA公式サイトより/CB250RR/税込756,000円

www.honda.co.jp

リトホンライダーからも愛されるCBR250RR!

リトルホンダ公式インスタグラムでは実際に乗っている方達のリアルな姿を見ることができます!

ライダーの愛車への想いがしっかり伝わってきますね♡

皆様も是非リトホンのインスタをフォローして、愛車の写真に「#alittiehonda」をつけて投稿して下さいね♩

声優ライダー西田望見さんも絶賛!

CBR250RRは女性にも扱いやすいとお伝えしましたが、声優の西田望見さんも乗っていましたよ!

画像1: 声優・西田望見のA Littre♡Raider@CBR250RR honda.lrnc.cc

声優・西田望見のA Littre♡Raider@CBR250RR

honda.lrnc.cc

とっても海が似合うなあ。
風景が違えばバイクの良さもまた違ってきます。
一つでも多くのバイクの表情を見たいからツーリングに出かけちゃったりもするんだよなぁ…。

と西田望見さんも海が似合うと言っていますね♡

そして気になるライディング姿はこちら!

This article is a sponsored article by
''.