今年(2018年)発売されたホンダのCBR250RR。大人気なだけあってここ最近街中で見かけることも多いです。
しかし!中には「かっこいいけど値段がちょっと…」なんて不安要素を時々聞くこともあります。
今回は、そんな風に少しでも思っているあなたに、CBR250RRの“値段に隠された魅力”をお伝えしていきたいと思います。

今話題の普通二輪免許で乗れるバイク、「CBR250RR」って?

「クラスを超えたクオリティーを」をキャッチフレーズにした"CB250RR"ですが、その通り全てが250ccクラスを超えたクオリティー。私が車体を見た時の感想は「まるで1000ccクラスのレース車両のよう」でした。そのビジュアルからもすでにクラスを超え、一線を画していることがわかります。

画像1: HONDA公式サイトより/CB250RR/税込756,000円 www.honda.co.jp

HONDA公式サイトより/CB250RR/税込756,000円

www.honda.co.jp

250ccは中型バイクなので、普通自動二輪免許で乗ることができ、初心者、女性でも乗りやすく、250cc クラスまでのバイクは車検も必要ないので手軽に乗れるバイクなんです!高速道路の走行も可能で、バイクとしてのポテンシャルは十分に発揮してくれます。スクーターなどの運転しやすいバイクから本格的なロードバイクまで種類が豊富なのも特徴です。

250ccなのに高い!?値段だけで決めないで。価格にはちゃんと理由があるんです。

HONDAのバイクでは250ccクラスの平均価格は50万円前後ですが、CBR250RRは税込756,000円で高いと感じる人がいるとか!?きっとCBR250RRを知ればその理由が分かると、いや!欲しくなるに違いありません!その魅力とは…。

This article is a sponsored article by
''.