ツインリンクもてぎでの頂上決戦、山本尚貴は盟友ジェンソン・バトンとともに、現行型NSX-GTのスーパーGTシリーズ初優勝を達成しました。スーパーフォーミュラに続く二冠達成で、まさに最良の年に。そんな山本選手の2018年の戦いぶりを振り返りつつ、「次はF1?」の噂の真相に迫ってみたいと思います。

スーパーライセンス発給に必要なポイントはクリア!

画像: 2018年を戦うレッドブル・トロッッソ・ホンダのSTR13。エンジン供給のつながりが、もしかするとさらに濃密な関係性へと発展していくのかもしれません。 www.honda.co.jp

2018年を戦うレッドブル・トロッッソ・ホンダのSTR13。エンジン供給のつながりが、もしかするとさらに濃密な関係性へと発展していくのかもしれません。

www.honda.co.jp

スーパーGTとスーパーフォーミュラ。ハコとフォーミュラ、2つのジャンルで見事な二冠を達成したことで、山本尚貴には新たな将来の選択肢が生まれることになりました。F1GP参戦、というレーシングドライバーなら一度は夢見るカテゴリーへの挑戦です。

F1参戦の条件となるのが、FIAが規定するスーパーライセンス発給に必要なポイントを獲得すること。ざっくり言えば、過去3年間の規定レースのポイント合計が40点以上で、スーパーライセンスが与えられます。スーパーGTとスーパーフォーミュラの年間優勝者はそれぞれ最大15ポイント、20ポイントを獲得。つまり山本は2018年シーズンに、大量得点を獲得したことになります。

そこに過去に獲得していた6ポイントを合わせれば、合計41ポイント。山本がスーパーライセンスを申請すれば、F1GP参戦への道がきっと拓けます。もっとも山本自身は、その意思を明確に表明はしていませんが。

F1ドライバーと言えば、チームメイトのバトンはチャンピオン経験もある「大先輩」と言えるハズ。もしも山本が「将来設計」に関する相談をしたとすれば、バトンは果たしてどんなアドバイスを送ったのでしょうか。

最高の2018年を終えた山本尚貴ですが、もしかするともっともっと最高な1年が、近々始まることになるのかもしれません。

This article is a sponsored article by
''.