維持費を含めて圧倒的に125ccが高コスパだと思っていました。150ccは高速道路に乗れるけど、それなら250ccでも良くない?と思っていました。でも何だこれPCX150!? あまりの無敵さに呆然。みなさん、これはヤバい乗り物です……本当に。
画像3: もはや250cc同等の加速性能

シート下のラゲッジスペースも限界まで広げてあります。

容量28Lというと、ちょっとしたバックパックと同じくらいの収納力ですかね。

よくもまあコレだけのスペースを確保したもんです。

画像4: もはや250cc同等の加速性能

ちなみにPCXシリーズにすべて共通ですけど、500mlのペットボトルが入る手元のインナーボックスも超便利。

足の間にあるのが給油口で、タンク容量は8Lです。

画像5: もはや250cc同等の加速性能

フロントインナーボックスの置くには12Vの電源ソケット完備。

スマホ充電も余裕です。

なんだかもう至れり尽くせり……PCXって便利さの塊ですね。

画像6: もはや250cc同等の加速性能

それなのに、こんなにスタイルもカッコいいんだから、PCXシリーズ……そりゃ売れて当然ですよ。

コスパも便利さもスタイルも完璧。

そこに「パワー」が備わったのがPCX150なのだと思いました。

余談ですが、タンデムステップにも注目。

ステップバーではなくボードに近い形状です。

これ、女性目線だとヒールが高い靴でも足を乗せやすいんですって!

This article is a sponsored article by
''.