ホンダのフラッグシップ、バイクの王様CB1300シリーズに高級仕様のSPが追加されたのは、みなさまご存知かと思います。でもね……ネイキッドのスーパーフォアでさえ税込価格185万円オーバーですよ? 良いかもしれないけど、ちょっと遠い存在になっちゃった?

CB1300SFは『SP』で何が違う?

画像1: CB1300SFは『SP』で何が違う?

まず見た目です。

悔しいですが(笑)このカラーリングはカッコいい。華やかですしね。

そこに輝くフロントフォークと鈍く光るブレンボのキャリパー。

画像2: CB1300SFは『SP』で何が違う?

さすがに強そう。迫力あります。

個人的にはフロントフォークが倒立じゃなくて正立フォークだということは気に入りました。

倒立の高い剛性感も捨てがたいんですけど、正立って細やかに動いてくれる印象があるので好きなんです。

ラジアルマウントされたブレンボのモノブロックキャリパーも高級感ありますね……

画像3: CB1300SFは『SP』で何が違う?

そしてリアのツインショックもオーリンズ製です。

はっきり言ってまず、目立つ!

ツインショックはリンク式のモノサスに比べると、サスペンション単体の性能に頼る部分が大きいので変化が気になるところです。

画像4: CB1300SFは『SP』で何が違う?

乗車姿勢は基本的にスタンダードのCB1300とほとんど同じ。

ほとんど、と言うのはですね……跨ってみて気がついたのですが

画像5: CB1300SFは『SP』で何が違う?

身長176cmのボクの場合は両足べったりなんですけど、ちょっと違和感があったんです。

ん、腰高?

気になって調べたら、なんと……

~CB1300の諸元表より抜粋~

画像: 【 】内の数値がSP仕様です。

【 】内の数値がSP仕様です。

全高が1cm違う。シート高も1cm高い。

寸法に変化があります。車体の姿勢がちょっと変わってるんですね。

たかが1cm以内の違いかもしれませんが、こういうのはけっこう影響が出ると思います。

主な仕様は上のとおり。

価格差はスタンダードとSPで37万2000円(税込)となります。

とりあえず走ってみるしかない!

画像1: とりあえず走ってみるしかない!

見た目に満足感が高いのは当然です。

高級仕様ですから、そうじゃないと困る。

でもバイクは走ってこそ!

乗ったらどうなの?ということで、まずは高速道路へ。

画像2: とりあえず走ってみるしかない!

残念だったのは雨上がり直後で路面がウェットだったことですが、それどころじゃありません。

え、マジか……

って、いきなり思いました。

高速道路って継ぎ目があるじゃないですか?

スタンダードのCB1300の場合、それら継ぎ目をトトンッと綺麗にいなしてくれます。

でもSPの場合は……

>>>NEXT:衝撃だったのは『優しさ』でした

This article is a sponsored article by
''.