ホンダのCRF250モタードっていうバイクがあるの、ご存知ですか? このバイク、実はものすごい隠れ名車です。何がそんなにスゴいかっていうと、峠だったらスーパー250ccのCRB250RRを凌ぐかも!? っていう走りです。それが税抜だと50万円アンダーのお値段って、軽く驚きません?

知る人ぞ知る隠れた名車CRF250M

画像1: 知る人ぞ知る隠れた名車CRF250M

みなさん、CRF250Mってご存知ですか?

名前は知っているけれど、詳しくは知らない。そういう人も多いと思います。

でもこのバイク、実はかなりスゴいんですよ!

今回、久しぶりに乗って、改めて感動しました。

画像2: 知る人ぞ知る隠れた名車CRF250M

CRF250Mの『M』はモタードの『M』です。

ちなみにモタードっていうのは、ヨーロッパを中心に人気のある競技「スーパーモタード」のこと。

スーパーモタードは競技用オフロードモデルに小径ホイールとオンロードタイヤを装着し、舗装路とダートが混在するコースを走るレースです。

画像3: 知る人ぞ知る隠れた名車CRF250M

そして、このCRF250Mは兄弟車となるオフロードバイクCRF250Lに、前後17インチのオンロードタイヤを装着することによってモタードイメージに仕上げられています。

でも、そこはホンダのバイク。当然、イメージだけじゃありません。

まずフロントはCRF250Lよりも大径なΦ296mmのディスクローターを装着し、ブレーキを強化。

画像4: 知る人ぞ知る隠れた名車CRF250M

そしてリヤサスペンションはモタード専用セッティング。

しかもスイングアームがアルミという豪華装備だったりします。

画像5: 知る人ぞ知る隠れた名車CRF250M

フロントサスペンションは剛性の高い倒立フォーク。

実はキャスター角やトレール量も変更されていて、車体側の設計に抜かりはありません。

どこまでも走りがスポーティ!

画像1: どこまでも走りがスポーティ!

それで車両重量が146kgの軽さですから、走りが面白くない訳がない!

すべての動きがヒラヒラと軽快そのもの。

乗っていて『自在感』がハンパじゃないんですよ!

画像2: どこまでも走りがスポーティ!

ちなみにCRF250系のエンジンは、現行車CBR250RRの前身となるCBR250Rの単気筒エンジンを搭載しています。

つまり、出自はロードスポーツ用のエンジンなんですね。

それがモタードの車体に載せられて、実力をフルに発揮した!というイメージです。

画像3: どこまでも走りがスポーティ!

とにかくCRF250Mはスロットル操作に対しての反応がいい。

最高出力こそ24馬力ですが、それを8500回転で発生するというところがポイントです。

ちなみにCBR250RRは最高出力38馬力ですが、それを発生するのは12500回転という高回転域。

そこまでの高回転を使えるシチュエーションなんて、サーキットならいざ知らず、公道にはほとんどありません。

画像4: どこまでも走りがスポーティ!

今回は街乗りしかできなかったのですが、このバイクは狭い峠道だと本当に強いんです。

例えばCBR250RRがパフォーマンスをすべて発揮できないような狭くツイスティな道でも、CRM250Mはイージーに速い。

単気筒エンジンは低速から力強く、パワーを余すところ無く使えて、重量がCBR250RRよりも20kg以上も軽い。

このアドバンテージは簡単には覆りません。

画像5: どこまでも走りがスポーティ!

スロットルオンの瞬間、CRF250MはCBR250RRの走行モード「SPORT+」に匹敵するレスポンスで加速を開始。

単気筒エンジンらしいスパパッ!という排気音と共に、車体が前に押し出されます。

でも車体側の剛性が高く、ライダーには不安が一切ありません。

画像6: どこまでも走りがスポーティ!

ハンドルバーもブレース付きでしっかり感があり、すこし荒れ気味の峠道でもハンドルを押さえやすいのも特徴です。

そして大事なのが!

画像7: どこまでも走りがスポーティ!

アップライトなライディングポジションを含めて、アイポイント(視点)が高いこと!

ブラインドコーナーが連続する峠道では、ここもかなり有利です。

視野が広く持てるから、次への対処が素早い。

運転に余裕が持てることは、本当に大きな『差』になりますからね!

This article is a sponsored article by
''.