戦後、世界ロードレースGP(現MotoGP)が成立した1949年から10年を経て、1959年からホンダは日本のメーカーとしては初めてGPへ挑戦しました。この連載は、今日に至るまでホンダのマシンに乗って世界タイトル(個人)を獲得した英雄たちを紹介するものです。今回は3度、ホンダ車でタイトルを獲得したスペインのD.ペトロサです!

3年連続でGPタイトルを獲得!

1985年に生まれたペドロサは、4歳ではじめてモーターサイクルに乗りました。そして9歳からはスペイン・ミニバイク選手権に出場するようになり、初シーズンをシリーズランキング2位という好成績で終えています。

1999年にペドロサは、スペイン人を対象とした育成プログラム「モビスター・アクティバ・カップ」に選出されました。そしてその活躍が認められ、2001年からはテレフォニカ・モビスターからGP125ccクラスのフル参戦を開始。バレンシアGPとパシフィックGP(ツインリンクもてぎ)でともに3位表彰台を獲得し、年間8位という順調なデビューシーズンをおくりました。

画像: 2002年、オランダGPでキャリア初優勝(125ccクラス)を記録したD.ペドロサ。 www.redbull.com

2002年、オランダGPでキャリア初優勝(125ccクラス)を記録したD.ペドロサ。

www.redbull.com

2002年も同チームで125ccクラスに参戦したペドロサは、キャリア初優勝のオランダGPのほか、パシフィックGPとバレンシアGPでも勝利し3勝を記録。ランキングを3位まで上昇させます。そして125ccクラス参戦3年目の2003年は5勝をマークし、見事初のGPタイトル獲得に成功しました!

画像: 2003年、ホンダRS125RWでブラジルGPを走るD.ペドロサ。 commons.wikimedia.org

2003年、ホンダRS125RWでブラジルGPを走るD.ペドロサ。

commons.wikimedia.org

2004年からは250ccクラスへステップアップ。開幕戦南アフリカGPで勝利したペドロサは、その後も順調に勝利数を7まで積み上げることで、参戦初年度でのタイトル獲得に成功します。

2004年、250ccクラス初タイトルを獲得したD.ペドロサ。

www.moto-berza.com

そして2005年も250ccクラスを走り、8勝を記録して見事タイトル防衛に成功。翌2006年からはレプソル・ホンダのファクトリーライダーとしてMotoGPクラスへ昇格することになったペドロサを、将来のチャンピオン候補にあげる声は、とても多いものでした・・・。

画像: 2005年、チャンピオンナンバー「1」をつけて、D.ペドロサは見事タイトル防衛を果たしました! www.motosan.es

2005年、チャンピオンナンバー「1」をつけて、D.ペドロサは見事タイトル防衛を果たしました!

www.motosan.es

ホンダとともに築き上げた偉大なキャリア

MotoGPクラス初年度の2006年、ホンダRC211V(V5・990cc)に乗るペドロサは第4戦中国GPでクラス初優勝達成。そして第9戦英国GPでも勝利し、ランキング5位の座とルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しました。

その後2018年まで、ペドロサはレプソル・ホンダのライダーとして、RC212V(V4・800cc、2007〜2011年)、RC213V(V4・1,000cc、2012年〜)を駆ってMotoGPクラスを戦い続けましたが、ランキング2位3度(2007、2010、2012年)、ランキング3位3度(2008、2009、2013年)と、惜しくもタイトルには手が届きませんでした。

画像: 2009年、U.S.GP(ラグナセカ)で勝利したD.ペドロサ。この年はMotoGPクラスランキング3位という成績でした。 www.redbull.com

2009年、U.S.GP(ラグナセカ)で勝利したD.ペドロサ。この年はMotoGPクラスランキング3位という成績でした。

www.redbull.com

160cm・51kgという小柄な体格のペドロサは、長いキャリアの中で幾度もクラッシュを経験しています。そのダメージの蓄積も、彼が2018年限りで引退した理由のひとつでした。ホンダひとすじで歩んだGPキャリアのなかで、ペドロサは125ccクラス8勝、250ccクラス15勝、そしてMotoGPクラス31勝を記録しています。

合計54勝という数字はあの偉大なミック・ドゥーハンと並ぶもので、ホンダ車に乗っての勝ち星としては最多タイという偉大な記録でもあります。2019年第2戦終了時点で45勝のマルク・マルケスが、いずれペドロサとドゥーハンの記録を抜くことになると思われますが、ホンダのレジェンドライダーとしてペドロサの偉業は、ホンダファン、そしてモータースポーツファンには、永遠に忘れられることはないでしょう。

This article is a sponsored article by
''.