"ガチ系"国産公道用オフロードとしてデビューした孤高のモデルであるホンダCRF450Lを、本格的なラリーレイド仕様にするキットがイタリアの"MST SpecialThings"からリリースされました! これはオフロード"本気勢"だけでなく、スタイリッシュにCRF450Lを乗りたい人にも、魅惑のプロダクツと言えるのではないでしょうか?

価格は€3,690.00≒46万1,560円!!!

他人とは違うことをすることへの情熱・・・という意味から名付けられたMSTスペシャルシングスは、イタリアのエミリア地方在住のマニュエル・ビラが運営するオフロードバイクのスペシャリティショップです。

同店はBMWのGS系、ホンダCRF1000Lアフリカツイン 、ハスクバーナ701系、KTM690系などのスペシャルパーツ、そしてラリーキットを販売していますが、新たにホンダCRF450L用のラリーキットをプロデュースしています。

キットに含まれるのは、CNCで製造したフレームとのマウントステー類、ロードブック、2つのトリップメーター、GPSほかUSB給電ポートを含むナビゲーションタワーとそれに接続するハーネス類、HRCスタイルのライトハウジング、2つの9リットル(合計18リットル)の燃料タンク、カーボンファイバー製のエンジンガード、そしてHRCスタイルのグラフィックキットなどなど・・・。

CRF450L国内仕様の販売価格は129万6,000円(税込)ですが、これにMSTスペシャルシングスのラリーキットを組み込むと、プラス3,690ユーロ≒46万1,560円で合計175万7,560円・・・・。ダカールラリーでのホンダのライバルである、KTM450ラリーレプリカが350万円オーバーということを考えれば、これはバーゲンプライスで本格的ラリーレプリカを購入できるってことですよね。

ともあれ、"ガチ勢"のオフロードバイクユーザーではなくとも、このキットパーツを装着したCRF450Lのスタイリングのクールさは、多くのモーターサイクルファンの心に訴えかけるものがありますね! ホンダの正規のプロダクトとしての"CRF450ラリー"が待てない方は、ぜひこちらのキットを購入して一足早く公道デビューをしてみてはいかがでしょうか!?

This article is a sponsored article by
''.