「夏だ!バイクだ!ツーリングだ!」なんて意気込んでいる方必見!夏は北海道、東北で少し涼しいツーリングなんていかがですか?

涼しくて最高に気持ちいい! 北海道でツーリング

愛車と一緒or現地でレンタルもOK

夏のツーリングで大人気の北海道。北海道民は爽快にバイクを走らせている事でしょう。うーん、羨ましい!本州にお住まいの方はぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

本州から行くならオススメは道南(函館、ニセコ、登別 等)道央(大雪山、富良野、美瑛 等)地区。夏は暖かいので、防寒で失敗する事が少ない地域です♩しかし、夜は20度以下に冷える事も多いのが北海道。念のために防寒具はしっかり持っていきましょうね。

では、本州から北海道へ愛車とともに訪れるにはどうすればよいでしょうか?正解は、“フェリーに乗る!”です。近くの港から行くも良し、青森や仙台の港までバイクで行って、そこからフェリーに乗る方法もあります。例えば、茨城県・水戸の程近くにある大洗港から乗船すると、苫小牧港まで片道18時間前後で到着できます(参考:skyticket

北海道までフェリー以外の手段で行きたい方や、ツーリングができれば愛車じゃなくてもOKという方、レンタルバイクという選択肢もありますよ。

国内最大規模のレンタルバイクネットワークを持つ「Rental819」は北海道にも複数店舗が展開されているので便利です。具体的には、札幌、新千歳空港、函館、旭川、北見のいずれかからお選びいただけます♩また、航空券と宿泊券にバイクレンタルがプラスされてパッケージ化されている「レンタルバイク北海道プラン」なんて商品も。

画像: www.ana.co.jp
www.ana.co.jp

バイクレンタルだけでもパッケージでもお好きな車種をお選びいただけますので、憧れのゴールドウィングや乗ってみたかったレブル500、買おうか悩んでいるフォルツァやスーパーカブなど……いつもと違う車種を体験できます。

せっかくならキャンプなんていかが?

さて、北海道ツーリング経験者の多くはキャンプを推奨しているほど、北海道は素晴らしいキャンプ場で溢れているんです。ライダーハウスなども多数ありますし、まさにツーリング天国!

ライターUsagiが独断と偏見で選ぶの2大おすすめキャンプ場はこちら!

01:オートリゾート滝野

yakumo.shopro.co.jp

道南随一の高規格キャンプ場「オートリゾート八雲」は、函館方面へ観光をご検討の方はぜひ訪れていただきたいハイクオリティなキャンプ場です。「噴火湾パノラマパーク」という広大な敷地を持つ公園の中にあり、園内にはキャンプ場以外にも農業体験ができる「ふれあい農園」や、子ども向け大型遊具を置いた「まきばの冒険広場」、家族でもお楽しみいただける「パークゴルフ場」などさまざまなアクティビティが満載です。

レンタルプランも豊富で、初心者や少ない装備で楽しみたい人にも安心。噴火湾をこれでもかという程どどーん!と望めるパノラマロケーションも魅力です。

02:かもめ島キャンプ場

キャンプ上級者におすすめしたいのがこちら。北海道には無料のキャンプ場が数多く存在するのですが、コチラは渡島半島・江差に位置する陸続きの島、かもめ島にあるキャンプ場で、駐車場から徒歩500m&階段を登らなければたどりつけないというちょっと不便な(笑)スポットなのです。

大荷物ではとても厳しく、コンパクトな装備で挑む必要がありますので、バイクでキャンプに訪れる方にしかおすすめできません。

そして!そんな苦労の先にあるのは……超絶景!かもめ島から見る朝日・夕日はとにかく絶品で、ファンも多いとか。岩場もあるので釣りも楽しめます。

いつものキャンプをもっとドラマチックなひとときに、もっとチャレンジングな体験にステップアップさせたい方はぜひ一度訪れてみては。

思い立ったら北海道!

気づけばもう8月も後半戦。「暑い〜」ってだらだらしてたらいつの間にか涼しくなってきて、夏が恋しくなる日がもうすぐ来てしまいます。それはそれで寂しい……せっかくなら夏の思い出いっぱいつくって冬に備えましょう。思い立ったら北海道!ぜひ遊びに行ってみてください。

This article is a sponsored article by
''.