戦後、世界ロードレースGP(現MotoGP)が成立した1949年から10年を経て、1959年からホンダは日本のメーカーとしては初めてGPへ挑戦しました。この連載は、今日に至るまでホンダのマシンに乗って世界タイトル(個人)を獲得した英雄たちを紹介するものです。今回は異なるメーカーのマシンで最高峰クラスのタイトルを獲得した豪州の英雄、ケーシー・ストーナーです!

数少ない2つのメーカーでの最高峰ライダータイトル獲得者のひとり

1949年から続く世界ロードレースGPの歴史のなかで、最高峰クラス(500cc、MotoGP)において異なるメーカーのマシンに乗りタイトルを獲得することができたのは、ジェフ・デューク(ノートン、ジレラ)、ジャコモ・アゴスチーニ(MVアグスタ、ヤマハ)、エディ・ローソン(ヤマハ、ホンダ)、バレンティーノ・ロッシ(ホンダ、ヤマハ)、そしてケーシー・ストーナー(ドゥカティ、ホンダ)の5人しかいません。

約70年でわずか5人という事実は、いかに異なるメーカーのマシンに乗り換え、異なるチーム環境の中で最高峰クラスを戦い抜き、チャンピオンを獲得することが難しいかの証左でしょう。

そんなレジェンドライダーのひとり、ケーシー・ストーナーは1985年にオーストラリア・クイーンズランド州サウスポートに生まれました。幼少時からダートトラックでモータースポーツ活動をしていたストーナーは、14歳のときに英国に移住(※英国では14歳から本格ロードレースの参加が可能)。それは、世界で活躍するライダーになるためのキャリアを積む・・・という、確固たる意志に基づいての選択でした。

画像: 幼少時のC.ストーナー。可愛らしいですね。 www.facebook.com

幼少時のC.ストーナー。可愛らしいですね。

www.facebook.com

2000年から2002年の間は、英国とスペインの選手権に参戦。2001年にはGPの125ccクラスに2度エントリー(英国、オーストラリア)。そして2002年にはアプリリアに乗りGP250ccクラスにフル参戦を開始し、同年ランキング12位を記録しました。

2003年は125ccクラスに戻り、最終戦バレンシアGPでGP初勝利を記録(ランキング8位)。翌2004年はKTMに移籍して125ccクラスに参戦。キャリア2勝目となる勝利をマレーシアGPであげ、ランキング5位を獲得。2005年は再び250ccクラスにアプリリアで参戦。5勝を記録してチャンピオン争いを繰り広げましたが、ランキング2位となりました。

ホンダでMotoGPクラスにデビュー! そしてドゥカティで初タイトル獲得!

2006年はその才能を買われ、LCRホンダのRC211Vに乗りMotoGPクラスデビューを果たしたストーナーは、第3戦トルコGPで初表彰台2位を獲得するなどの活躍をします。しかし、このシーズンは転倒も多く、ランキングは8位にとどまりました。

2006年、地元オーストラリアGPを走るC.ストーナー。決勝は6位でゴールしています。

www.zimbio.com

2007年はドゥカティファクトリーに移籍し、V.ロッシ(ヤマハ)を相手にシーズン10勝を記録してドゥカティに初のMotoGPチャンピオンの座をプレゼントすることに成功しました!

再びホンダに乗り、2011年のMotoGP王者に輝く!

ストーナーは2010年までドゥカティファクトリーに在籍しますが、6勝した2008年はランキング2位でタイトル防衛に失敗。2009年は4勝でランキング4位、2010年は3勝でランキング4位という結果に終わりました。2008年は左手首骨折、2009年は乳糖不耐症という病気に苦しめられ、この時期はストーナーにとってはとても困難な時代だったと言えるでしょう。

2011年、ストーナーはレプソルホンダと契約しRC212Vでシーズンを戦うことを選択。第2戦スペインGPのリタイア、そして第17戦マレーシアGPのマルコ・シモンチェリの死亡事故によってキャンセルとなった2戦を除いて、ストーナーはすべてのレースで表彰台に登壇して10勝を記録。見事移籍初年度で、自身2度目となるMotoGPのタイトルを獲得しました。

画像: 2011年、マレーシアGPでのC.ストーナーの走り。 www.redbull.com

2011年、マレーシアGPでのC.ストーナーの走り。

www.redbull.com

2012年もホンダで5勝をあげ、ランキング3位となったストーナーですが、同シーズン途中でストーナーはGPからの引退を公表しました。ストーナー本人はMotoGPの政治的なストレスなどから参戦を楽しめなくなっていることと、もっと家族との時間を楽しみたい・・・それが彼が引退を決意した理由でした。

まだ最高峰クラスで戦い続けることができる実力を保ちながらの、ストーナーの早すぎる引退を多くの人は惜しみました。その後、ストーナーは地元オーストラリアで4輪レースに参戦したり、2015年は鈴鹿8耐に出場したり(結果は転倒リタイア)、ホンダやドゥカティのテストライダーを務めたりと、多くの話題を提供しています。

This article is a sponsored article by
''.