夏はキャンプで友人や家族と自然の中で過ごして思い出を作りたい。だけど遠くまで行くのはちょっと…という方に向けて、東京から車で1時間30分以内で行ける素敵なスポットをご紹介。

キャンプ場、どうやって選ぶ?

お子様連れのファミリーはもちろん、友人みんなでワイワイ楽しむもよし、カップルでゆったり過ごすもよし、愛犬を連れて自然を満喫させてあげるもよし、さらに近年ではソロキャンプも話題。無限大の楽しみ方があるキャンプは、まだチャレンジしたことがない方にもぜひおすすめしたい余暇の過ごし方だ。

キャンプ場を選ぶ前に、まずはキャンプ場を選ぶ際に知っておきたいポイントをおさえよう。

車で行くなら「オートキャンプ場」を選ぼう!

キャンプ場には駐車場が別になっているところと、拠点とするスペースに車を横付けできるタイプがあり、後者を「オートキャンプ場」と呼ぶ。オートキャンプ場は、駐車場から荷物の移動が必要なく、雨天の際にも車に避難できるため、初心者はまずこちらを選ぼう。

区画で区切られたサイトのあるキャンプ場を選ぼう!

キャンプ場では、拠点とするスペースのことを「サイト」と呼ぶが、キャンプ場によって、自由にスペースが使える「フリーサイト」と決められた区間のスペースのみが使える「区画サイト」の2種類がある。

フリーサイトの方が自由度が高く開放感があり、値段も区画サイトより安い場合が多い。一方、設営場所や他人への配慮など、経験が試されるので、混雑時は大変な場合も。区画サイトは整備された場所で、スペースもロープなどでしっかり区切られているので、安心して利用できる。キャンプ場によってはAC電源付きのサイトも選べる。

初心者はまず区画サイトを採用しているキャンプ場を選ぶことをおすすめする。

設備・レンタル品・売店の充実したキャンプ場を選ぼう!

テントやランタンなど基本的なものから調理器具や食器など、何が必要かわからないことも多いはず。キャンプ場によっては用品のレンタルがなく、食料も持ち込みが必要な場所も多いので、設備の充実度はあらかじめしっかりチェックしよう。また、近くにスーパーやホームセンターがあるキャンプ場を選ぶのも良いだろう。

テント泊が不安な方は、コテージ付きのキャンプ場からチャレンジするか、もしくは手厚いサービスを受けられるグランピング施設からはじめてみるのもアリ。

それでは次に、都心からアクセスしやすいキャンプ場をご紹介していく。こちらではオートサイトがあるか、車でのアクセスが良いかなど、車での利用のしやすさを重視して、キャンプ初心者にオススメしたい会場をセレクトした。

なお、所要時間目安は東京駅からスタートとした場合を基準にしている。

This article is a sponsored article by
''.