400ccクラス唯一のアドベンチャーバイク400Xがリニューアルしましたよ~。……なんてレベルじゃありません! これもう全然違うバイクだと思ってください。排気量400cc以下でロングツーリングをするならホンダ400X一択。そう言えるバイクになっちゃった!?

エンジンの『気持ちよさ』が全然違う!

画像1: エンジンの『気持ちよさ』が全然違う!

先代400Xのエンジンは「極めて穏やか」でした。

ツーリングを徹底的に邪魔しない、ライダーを急かさない。

走るだけで心が水面の如く平穏になるようなフィーリングだったのですが……

新型400Xは違います。

もっとエモい。

走ることに満足感が強いフィーリングになっています。

バルブタイミングやリフト量、吸気や排気も見直し。

それによって250ccでは実現が難しい「ドロロロロ~ッ」と重厚に回る2気筒エンジンらしさが加わりました。

画像2: エンジンの『気持ちよさ』が全然違う!

マフラーからの音が重く響くようになったことも満足感が大きいと思います。

低速~中速レンジでの力強さ増強と、2気筒エンジンらしい鼓動感、そしてサウンド。

この3つが合わさって『走りの味わい感』が超絶アップ!

一般道での時速50km。高速道路での時速80km。

そうやってまったり、のんびり流す時のフィーリングに飽きがこないんです。

これぞ『どこまでも走りたくなるフィーリング』だと感じました。

画像3: エンジンの『気持ちよさ』が全然違う!

しかも実測の燃費でリッターあたり30kmを平均的に超えてきます。

燃費まで良いなんて優秀すぎる……

おサイフ的にも『どこまでも走りたくなる』かもしれません(笑)

ワインディングでも大きく違う!

画像1: ワインディングでも大きく違う!

そして、エンジンと車体の変更はワインディングでも走りに大きな違いをもたらしていました。

フロントの19インチ化、しなやかなリヤサスペンションのおかげで、ハンドリングが穏やかです。

先代400Xの前後17インチホイールによるニュートラルなハンドリングも快適でしたが、アドベンチャーバイク「らしさ」というなら新型400Xです。

ぐわり、と車体をゆったりバンクさせていく感じ。

ライダーの感覚を決して追い越さないので、こういうフィーリングは長距離で疲れません。

画像2: ワインディングでも大きく違う!

そして中速域が増強されたパワフルなエンジンでスロットルを開けると、リアタイヤがグウッと路面を掴むのが感じられます。

ほんのワンテンポだけど“間”がある。

それのおかげでライダーには心理的な余裕が生まれます。

ちなみに大排気量アドベンチャーは、こういう“間”をうまく活かした気持ちよさを備えているバイクが多いと思っています。

画像3: ワインディングでも大きく違う!

真っ直ぐ走っている時は豊かさを増したエンジンが楽しませてくれます。

そして400ccの排気量が持つ、高速道路でのゆとりは250ccとは比較になりません。

そしてコーナリングでは適度なスポーツ感を楽しみつつ、コーナーを味わえる。

画像4: ワインディングでも大きく違う!

そのうえで、オフロード性能と車体のコンパクトさがプラスされて冒険ツーリングにも不安なく挑める。

なんというか……新型400Xには400ccの冒険ツアラーとして完成した感があるのです。

これは余談ですが、ボクは味わいのある2気筒エンジンのバイクが好き、ロングツーリングが好き、アドベンチャーバイクが好き、というタイプ。

むかしは野宿で日本中を旅していたりもしました。

そういうタイプのバイク乗りとして、この400Xはすごくイイ!

画像5: ワインディングでも大きく違う!

さらに男らしくなったので眺めるだけでも満足できますし、バイクが旅の中で泥まみれになっても、それはそれでカッコ良くで自己陶酔できます(笑)

画像6: ワインディングでも大きく違う!

ロングツーリングの中では「自分のバイクに惚れ惚れできる」ことも、旅の疲れを癒したり、走り続けるモチベーションが上がる重要なポイントですからね!

画像7: ワインディングでも大きく違う!

中免400cc以下に限定するなら、これはもう最強の旅バイクと言えると思います。

予算に余裕があれば、そこに加えて!

画像8: ワインディングでも大きく違う!

サイドパイプとかLEDフォグランプとか追加したり!

画像9: ワインディングでも大きく違う!

両サイドにパニアケース装着したり、グリップヒーターも加えたらもう無敵。

北海道1周だって余裕レベルの旅バイクになります。

画像10: ワインディングでも大きく違う!

400cc以下で長距離の旅をとことん楽しむなら。

遥か彼方まで旅をするなら新型400Xこそが本命かも。

ひと言で言うなら、エンジンも車体もスタイルも全部含めて……

『片道500kmくらいまでは楽勝』

です!!!

こういう旅バイク、ずっと待ってた。

400X、サイコーです!

中免&旅好きなら新型『400X』は見逃せない!

《旅好き必見! もう見た?》

『HondaGO』が超カッコいい!

This article is a sponsored article by
''.