Hondaの原点が知れる動画コミックの第5話「来た、見た、勝った」をご紹介。HondaはとうとうF1に進出するが、F1チームの監督である中村と宗一郎が対立する。連敗を重ねた先は果たして…?

第5話「来た、見た、勝った」

1964年8月ドイツ。Hondaは、白い車体に赤い日の丸のマシンRA271で、日本車として初めてのF1出走を果たす。想いとは裏腹に、完走もおぼつかないレースが続く。それでも「勝つ」ために全精力を注ぐ中、社長本田宗一郎とチーム監督中村良夫の想いがぶつかり合う。

主な登場人物

■本田宗一郎:Hondaの創業者。ものづくりの天才。
■中村良夫:元航空機のエンジニア。HondaF1チームの監督に就任。
■ロニー・バックナム:Honda初のF1ドライバー。
■リッチー・ギンサー:バックナムに続いて起用されたHondaのF1ドライバー。

第5話は、HondaがF1に挑戦する話である。それでは早速シーンを追って見てみよう!

1962年、通産省は各業界のメーカー新規参入を禁ずる法案「特振法」を整備しようとしていた。4輪進出の機会を奪われるわけにはいかないHonda。そこに宗一郎が日本を代表する技術者としての意見をぶつける!

www.honda.co.jp

同年、HondaはT360やスポーツ360を開発。Honda初の4輪に世界中が注目していた。

www.honda.co.jp

そのわずか2年後、Hondaは初のF1レースに挑むためにドイツへ。

www.honda.co.jp

初のF1出場にトラブルが相次ぐも、なんとか決勝レースにこぎつける。

このレースの目的は勝つことではなかった…? 中村の真意とは一体…?

Hondaとして勝つことにこだわる宗一郎と、チームとして勝つことにこだわる中村は真っ向から対立。

www.honda.co.jp

Hondaは連敗を重ね、5年間続いた排気量1500ccのF1も残すところ1回。Hondaが初めてF1用に開発したエンジンも最後の出番となる。そこで中村も再び動き出す!勝負の行方は動画コミックで見届けほしい!

続きはこちらからチェック!

HondaはF1でどのような活躍を見せるのか?第5話「来た、見た、勝った」はこちらからどうぞ!

併せて読みたい

第4話「いざアメリカへ〜巨大市場を開拓せよ〜」のあらすじはこちらからチェック!

ビッグテーマ「本田宗一郎さんの三つの宣言」!【ホンダ偏愛主義vol.19】

This article is a sponsored article by
''.