現地時間6月30日に決勝が行われたF1オーストリアGPで、ホンダ製パワーユニット「RA619H」を搭載する、アストンマーティン・レッドブル・レーシングのF1を駆るマックス・ フェルスタッペンが見事優勝を記録しました! 2015年のF1復帰後のホンダ製パワーユニット搭載車の初勝利は、ホンダにとっては2006年8月のハンガリーGP以来13年ぶりとなる、73度目のF1勝利でもあります!

長い審議の末に、勝ち取った優勝!

今回、2番グリッドという好位置からスタートしたM.フェルスタッペンでしたが、スタート直後は7位まで順位を落としてしまいます。しかし、ランド・ノリス(マクラーレン)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)などのライバルたちを序盤でパスし、5番手まで順位を回復させました。

画像: レッドブルの地元であるオーストリアのファンの声援を受け、疾走するM.フェルスタッペン。 ja.hondaracingf1.com

レッドブルの地元であるオーストリアのファンの声援を受け、疾走するM.フェルスタッペン。

ja.hondaracingf1.com

31周目のピットインでハードタイヤに交換したM.フェルスタッペンは、4位でコースに復帰。先行するセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、そしてシャルル・ルクレール(フェラーリ)を仕留めるため、アタックを開始します!

M.フェルスタッペンは見事なドライブで、残り3周で首位に浮上! そのままポジションを守り優勝を飾りました。ルクレールを抜く際のムーブが走行妨害では? ということで長い時間審議の対象となりましたが、問題なしという裁定により、ホンダ復帰後初の優勝が確定しました!

画像: ホンダのレッドブルとの提携後、初となる勝利をオーストリアGPで記録。スタッフたちの喜びも、ひとしおでしょう。 ja.hondaracingf1.com

ホンダのレッドブルとの提携後、初となる勝利をオーストリアGPで記録。スタッフたちの喜びも、ひとしおでしょう。

ja.hondaracingf1.com

今年何勝できるか・・・今後の戦いぶりにも注目しましょう!

ホンダの勝利・・・というのも日本人としてはとても嬉しい結果でしたが、今回のレースは見事なオーバーテイクで首位を奪ったフェルスタッペンのパフォーマンスを見ることができたのが嬉しかったです。ピット戦略もF1のみどころですが、やっぱりコース上のオーバーテイク合戦に勝るF1の魅力はないですからね! 

王者ルイス・ハミルトンと、バルテッリ・ボッタスを擁するメルセデスが強い今シーズンのF1ですが、M.フェルスタッペンは現在この2人に次ぐランキング3位につけて奮闘しています。2006年ハンガリーGPでジェンソン・バトンが勝利して以来となるホンダのF1優勝ですが、フェルスタッペンには今シーズン中にもっと勝利を積み増さねて欲しいですね!

画像: ランキング首位のL.ハミルトン(メルセデス)との差は現在71ポイントのM.フェルスタッペン(レッドブル)。今シーズン中にさらに勝利を記録できるか・・・注目しましょう! ja.hondaracingf1.com

ランキング首位のL.ハミルトン(メルセデス)との差は現在71ポイントのM.フェルスタッペン(レッドブル)。今シーズン中にさらに勝利を記録できるか・・・注目しましょう!

ja.hondaracingf1.com

This article is a sponsored article by
''.