キャンプや登山が注目され、いまや世間はアウトドアブーム! そんなアクティビティを盛り上げるべくホンダが取り組むライフスタイルサイトの数々。なになに? キャンプにゴルフ、ペットにドライブ…ん? ちょっと待って? なんか少し毛色が違うサイトがあるんですけど⁉︎ この「Honda釣り倶楽部」……ガチすぎませんか???

え〜っと…Honda要素はどこですか?

HONDA公式サイトのメニューから「エンジョイ」をクリックするといけるコミュニティページ。そこのライフスタイルメニューにあるHonda釣り倶楽部は、同メニュー内のページとちょ〜っと、いやかな〜り毛色が違います。

何が違うって、Honda要素がほぼない!(笑)

キャンプやゴルフは、車種別に荷物の積載方法など(といってもそれくらいであとはガチ)があるんですが、釣り倶楽部はひたすらつり、釣り、釣り!‼︎

しかもなにがすごいって、紹介している釣り(エサ釣りやルアー、船釣りなど)に対しての説明がめちゃめちゃ丁寧! 意外と釣りをはじめたいと思って見ても、だいたいが「すでに釣りをやっている人向け」の情報で終わってるところがほとんど。

でもHonda 釣り倶楽部さんでは、「必要な道具」「仕掛け」「あると便利なグッズ」「釣れる場所」「釣り方の基本&応用」「より釣るためのアドバイス」などを順を追って解説。

正直……このサイトを見れば明日から釣りに行けます!

やりたい釣りが絶対に見つかる!

"釣り"と一口に言っても、その種類は膨大です。フィールドだけでも海・川・湖とあり、そこでも船から陸からで分かれます。さらに釣り方の種類もエサ釣り、ルアー釣り、テンカラ釣りと多彩。

画像: いま旬の釣魚を紹介。魚から選んでもよし、フィールドで選んでもよしと、やりたい釣りが絶対に見つかります! www.honda.co.jp

いま旬の釣魚を紹介。魚から選んでもよし、フィールドで選んでもよしと、やりたい釣りが絶対に見つかります!

www.honda.co.jp

でも、このHonda釣り倶楽部ではそれをちゃんと教えてくれます。
このサイトを見ているだけで、釣り熱がムラムラ……これまで知らなかった魚のことや、奥深い釣りの世界まで垣間見ることができますよ。

ここからは、釣り好きの筆者がHonda釣り倶楽部のオススメ記事をご紹介していきます♪

釣って楽しい!食べて美味しい!
一年中釣れる「アジ釣り」を満喫せよ

食卓に並ぶことの多いアジは、釣りのターゲットとしても超メジャー!生息域も北海道から南シナ海まで全国的で、堤防や船着場、磯場などさまざまな場所で一年中釣ることができます。

本記事の講師は、釣り好き間では"りんたこ”の愛称で知られる岩崎 林太郎さん。釣り番組や雑誌でもおなじみの有名人です。同記事では岩崎さんが、必要な道具から釣り方(めちゃ多彩!)まで親切丁寧に教えてくれます。

画像: 足場のしっかりした堤防や船着場で楽しめるのがアジ釣りのいいところ!(立ち入り禁止区域や釣り禁止の場所もありますので注意) www.honda.co.jp

足場のしっかりした堤防や船着場で楽しめるのがアジ釣りのいいところ!(立ち入り禁止区域や釣り禁止の場所もありますので注意)

www.honda.co.jp

ルアーなので女性や子供も安心です!

釣り方はルアー釣り。ルアーとは疑似餌、つまり作り物のエサのこと。イソメやゴカイといった、生きエサはちょっと気持ち悪い…なんて方でも安心ですね!

画像: こちらがワーム。サイズや色などその種類は膨大。これをジグヘッドにつけて釣ります www.honda.co.jp

こちらがワーム。サイズや色などその種類は膨大。これをジグヘッドにつけて釣ります

www.honda.co.jp
画像: オモリにハリがついたジグヘッド。サイズ・形状ともにさまざま www.honda.co.jp

オモリにハリがついたジグヘッド。サイズ・形状ともにさまざま

www.honda.co.jp

釣れたときの魚の引き(パワー)も楽しいのがアジ釣り

www.honda.co.jp

ルアーの操り方はイラストで説明。分かりやすい‼︎

www.honda.co.jp

釣ったアジを一度食べたら、スーパーのアジはもう食べられません!

筆者も釣りが好きでアジ釣りはよくやるんですが、このアジほど釣った魚が美味しいと感じたことはありません! はっきり言って、スーパーなどで売っているアジとは別物(マジです)!

Honda釣り倶楽部では、釣り方の他に釣魚料理のページもご用意(さばき方も)。しっかりとレシピも載っているので釣ったあとまで楽しめますよ♩

余談ですが、個人的にはアジフライ(超カンタン!)もぜひ紹介してほしいところ。衣にパルメザンチーズを少量入れると、アジの甘みとマッチしてめちゃめちゃ美味いんです‼︎ こちらもぜひお試しあれ!

This article is a sponsored article by
''.