バイクとして最高だ!と思いつつも、購入するとなると1歩踏みとどまってしまう理由。あくまで個人的な意見ですが、アフリカツインとNC750Xという2台の大人気バイクの存在が、どうしても引っ掛かってしまうのです……

アフリカツイン&NX750Xの2台が高コスパすぎる?

ところが……問題はコチラの2台なのです。

画像1: アフリカツイン&NX750Xの2台が高コスパすぎる?

ホンダのレジェンドネームを引き継ぐアフリカツイン!

こちらがスタンダードモデルのMT仕様だと138万6720円なんですね。

X-ADVと14万5800円の差……

これちょっと悩ましくないですか?

あと15万円でアフリカツインが買えちゃうのか……ってボクは思ってしまうんです。

画像2: アフリカツイン&NX750Xの2台が高コスパすぎる?

そしてコスパの帝王NC750X。

改めて恐るべし……X-ADVと同じくETC2.0とグリップヒーターとABSとトラクションコントロールを標準装備。

なのにプライスは税込88万4520円となっております。

同系の排気量750ccエンジンを搭載していながら、X-ADVよりも35万6400円……安い。

ともに強烈、です。

アフリカツインの存在感やネームバリュー、そしてNC750Xの感動コスパ。

この大人気2台巨頭がいるから、X-ADVに躊躇してしまうんです……

もしもX-ADVが○○だったら……

画像1: もしもX-ADVが○○だったら……

これだけの装備と専用部品の多さですから、それは「アリエナイ」とわかりつつ言います。

もしも! X-ADVのプライスが税込100万円だったら!?

NC750Xと近い90万円前後だったら(さすがにそれは無いか……)

X-ADVは超人気モデルに化けるんじゃないでしょうか?

バイクそのものは、それだけの可能性を秘めていると思うんです。

画像2: もしもX-ADVが○○だったら……

単体で見れば124万円でも仕方ない、納得のパッケージ。

本気でそう思っています。

画像3: もしもX-ADVが○○だったら……

それにオートマチックのトランスミッション機構で、ライトであればオフロード走行も想定内なんていうのは、世界中探してもX-ADVしかありません。

しかも、この日の燃費が合計306.7km走って、消費した燃料が11.7L。

走りがオモシロすぎるからスポーツモードで高回転までガンガン回して走ってたのに、燃費はリッターあたり26.2kmって……どんだけ好燃費なんでしょう?

たぶん普通に、のんびり走ればリッターあたり30kmだって夢じゃない燃費性能です。

画像4: もしもX-ADVが○○だったら……

ただ惜しむらくは、アフリカツインとNC750Xが強烈すぎることのみ。

だから、ここは正直に言いたい……これはお願いに近い魂の叫び。

『ホンダさん、あとチョットでいいから安くしてください!』

価格のせいで埋もれてほしくない

画像1: 価格のせいで埋もれてほしくない

走りも、スタイルも、快適さも、すべてが本当にいいんです。

これだけトータルの完成度が高いバイクは珍しいと思えるほどに……

だからこそ『ちょっと値段が高いよね?』みたいな理由で埋もれてしまってほしくない!

X-ADVはホンダらしいチャレンジスピリッツに溢れた意欲作であり、名車になる可能性を秘めています。

画像2: 価格のせいで埋もれてほしくない

税込110万円だったら悩みが深刻になり、税込100万円となったら真剣にローンシミュレーションしちゃうと思う。

そして、それ以下だったら、たぶん即買う。

まぁ資金を調達するプロセスも必要ですけどね(笑)

でも絶対に欲しくて、確実に夜が眠れなくなります。

画像3: 価格のせいで埋もれてほしくない

それくらい、ボクはX-ADVに惚れているっていうこと!

この素晴らしさ、ひとりでも多くのライダーに感じてみてほしい。

次世代のヒントが、きっとこのバイクにはあります。

画像4: 価格のせいで埋もれてほしくない

そして、最後にもうひとつ。

ボクはバイク好きが高じて、贅沢にも複数のバイクを所有しているんですけれど……

X-ADVを買ったら、他に乗らなくなる気がする!

そういう意味でもヤバいですね(笑)

X-ADV、万歳!

X-ADVは既存のバイクとまるで違う

バイクが好きなら一度は体験してみてください!

前編はこちらから!

もしもX-ADVが○○だったら……。それは100か、90か?【ホンダオールすごろく/第30回 X-ADV 前編】

This article is a sponsored article by
''.