前編で申し上げたとおりCBR650Rは峠で最高にオモシロい! そんなスポーツ系キャラのCBR650Rでツーリングに出てみたところ……意外な発見があるものだと、ちょっと感心してしまいました。

走って止まってUターン。その時に大事なこと

画像1: 走って止まってUターン。その時に大事なこと

それにツーリングっていうのは、高速道路じゃない限り、ずっと走り続けている訳じゃありません。

渋滞もあれば、信号でのストップ&ゴーもあるし、休憩に入ったコンビニでは押し引きもする。

その駐車場ではUターン並みの小回りだって日常茶飯事。

そんな時にモノを言うのは……

画像: ライダー身長/176cm

ライダー身長/176cm

やっぱり足着き性車体の軽さでしょう!

シート高は810mmで、それほど低い数値ではないのですが体感的には800mm以下に感じます。

シート前方が思い切って絞り込まれた形状なのが大きな要因だと思う。

画像2: 走って止まってUターン。その時に大事なこと

そしてCBR650Rの車両重量は207kg。

同じ4気筒エンジンでハーフカウルのCB400スーパーボルドールが206kgですから、その差1kgです。

標準的な日本人男性だったら十分に軽いと思える範囲だし、サイドスタンドから起こすときの重さもほぼ感じない。

そこに加えて車体サイズもコンパクトでしょう?

変な言い方ですけど、このバイクは『道路を走っていない時』が疲れにくいんです。

画像3: 走って止まってUターン。その時に大事なこと

それに排気量が650ccあるっていうのはやっぱりラク。

排気量の差がもたらすゆとり感は400ccクラスとは比べものになりません。

のんびりツーリングペースで流す時だってギクシャクもしないし、操作だって忙しくない。

それにCBR650Rの4気筒エンジンは5000回転以下だとすごくシルキーで、ストレスをまるで感じませんでした。

強いて気を付ける部分を指摘するなら、スポーツバイクらしく、ちょっとだけ重心が高めに感じるところ。

それだって「あえて言うなら」ってレベルで、極低速域だってすごく扱いやすい!

画像4: 走って止まってUターン。その時に大事なこと

ちなみに前編で「スポーツバイクっぽくない」と書いたシートですが……

画像5: 走って止まってUターン。その時に大事なこと

試しにツーリングバッグを載せてみると、後席側のシート形状がフラットで、ものすごくバッグが積みやすいことが発覚(笑)

驚いたことにCBR650Rは、スポーツバイクらしからぬ良好な積載性を備えていることも判明しました。

This article is a sponsored article by
''.