前編で申し上げたとおりCBR650Rは峠で最高にオモシロい! そんなスポーツ系キャラのCBR650Rでツーリングに出てみたところ……意外な発見があるものだと、ちょっと感心してしまいました。

『楽しさ』と『疲れ』の天秤

画像1: 『楽しさ』と『疲れ』の天秤

バイクのツーリングっていうのは、基本的に疲れるものです。

でも疲れよりも楽しさが上回れば、結果オーライ!

そうやって楽しさと疲れを天秤にかけた時、CBR650Rは楽しさが勝るバイクでした。

画像2: 『楽しさ』と『疲れ』の天秤

もちろん快適志向のバイクに比べれば疲れます。

でも、今回トータルで618.8kmを走ってみて『そこまではツラくない』というのが正直な感想でした。

そして、その道程の中でずっと思っていたのは

軽さは尊い

っていうこと。

画像3: 『楽しさ』と『疲れ』の天秤

よく『軽さは正義だ!』なんて台詞を耳にしますけど、スポーティに走るシーンじゃなくても、やっぱり軽いのって偉いんだナァ……と実感。

軽量なバイクは疲労を感じ始めてから、再び走り出す時の負担が少ないんです。

そして走り出した後は、650ccの排気量がもたらす余裕がライダーを疲れさせない。

画像4: 『楽しさ』と『疲れ』の天秤

スポーティさを軸としたツアラーとして捉えるならCBR650Rには、十分な旅バイクの素質があります。

もちろん前編で伝えたとおり、このバイクが最高に活きるステージはワインディング、もしくはサーキットでしょう。

だけどツーリングだって楽しめる!

CBR650Rは、思った以上に懐の深いバイクだったんです。

画像5: 『楽しさ』と『疲れ』の天秤

基本はスポーティさを優先しつつ、たまにはツーリングだって楽しみたい。

そういうライダーは世の中にゴマンといるはず。

そしてCBR650Rは、そんなワガママに応える実力派の650ccスポーツでした。

画像6: 『楽しさ』と『疲れ』の天秤

現行のCBRシリーズの中で言うなら、この650がいちばん快適にツーリングができるでしょうね。

それでいて本領はどこまで行ってもコーナリング。

走りのパフォーマンスだけは絶対に譲れないライダーのみなさまへ……

CBR650Rが持つこの万能パフォーマンス、一度でいいので体感してみてくださいね!

気になる燃費は?

画像: 気になる燃費は?

高速道路と一般道を織り交ぜた今回の総走行距離618.8kmに対して給油量は合計27.94L。

燃費は

リッターあたり22.14km

という結果でした!

CBR650Rはスポーツだけど、万能に楽しめるバイクです!

Honda CBR650R

This article is a sponsored article by
''.