前編で申し上げたとおりCBR650Rは峠で最高にオモシロい! そんなスポーツ系キャラのCBR650Rでツーリングに出てみたところ……意外な発見があるものだと、ちょっと感心してしまいました。

快適ツアラーとは言いません

画像1: 快適ツアラーとは言いません

でもぶっちゃけ、CBR650Rでのツーリングは悪くない。

実際に長い距離を走ったイメージとしては欧州車によくある『スポーツツアラー』っていうジャンルに近いものがありました。

画像2: 快適ツアラーとは言いません

軸足は間違いなくスポーツバイク。

ステップ位置の高さとシートの硬さもあって、純粋なツーリングバイクに比べればヒザの曲がりもすこし窮屈だし、お尻も痛くなります。

だけどご覧のとおりで、前傾姿勢はスーパースポーツほどじゃない。

画像3: 快適ツアラーとは言いません

650ccのパワーがあれば高速道路のクルージングは余裕です。

ウインドスクリーンもあるから、走行風だってそこそこ防いでくれる。

そこそこ、と言う理由はCBR650Rのスクリーンが純粋なツーリングのための設計じゃないから。

あくまでスポーツ志向のスクリーンなので、胸あたりまでの限定的な防風性能です。

だけど、これがあると無いとでは大きく疲労が違います。

画像4: 快適ツアラーとは言いません

そして、滑らかに回る4気筒エンジンのフィーリングとサウンドを楽しんでいるうちに、けっこう距離を稼げてしまうんです。

片道100km程度なら

『あ、高速道路もう終わり?』

っていうレベルで移動完了になるはず。

おそらく片道200kmくらいまでは、モチベーションをキープしたまま高速道路を走れると思います。

This article is a sponsored article by
''.