生活に密着するクルマ。その乗り降りは簡単に見えますが、ハンディキャップのある方やご高齢の方にとっては非常に難しく、一般的なクルマだと気楽に乗り降りができません。そこで、Hondaは誰もがクルマのある生活を楽しめるようにとさまざまな工夫を施したクルマを開発。それが今回ご紹介する福祉車両です。

福祉車両とは?

家族や自分に、やさしいクルマ

福祉車両は身体の不自由な方やご高齢の方などでも乗り降りがしやすいように各所に工夫が施されている車両のことです。

もしかしたら、みなさんも後方から車いすのまま乗車できるスロープ仕様の車両などは見たことがあるかもしれませんね。

現在Hondaでは車いす対応車以外にも、さまざまなタイプの車両を展開しています。ここでは機能別に福祉車両をご紹介していきたいと思います。

「2列目シート」への乗り降りを楽にしたい方に。

サイドリフトアップシート車

画像1: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

スライドドアになっており、介護する方がリフトアップシートの両側に立ち、支えることができるので安心です。日頃から車いすやつえを利用している方におすすめ。介護する方が隣に並んで乗車できるので、目が届きやすいのもポイントです。

対応車種
フリード・ステップワゴン・オデッセイ

操作も簡単!下記リンク先の動画をチェックしてみてください!

「助手席」への乗り降りを楽にしたい方に。

助手席リフトアップシート車

画像2: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

助手席は視界も広く、移動中の会話も楽しめます。ドライバーが隣にいるので、2人でのお出かけ時も安心です。

対応車種
フリード・ステップワゴン・オデッセイ

リモコン操作で簡単です。動画など詳細はこちらからどうぞ。

車いすに乗ったままクルマの乗り降りをしたい方に。

車いす仕様車

画像3: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp
画像4: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

折りたたみ式のアルミスロープは、女性でも楽々出し入れできる引き出し式。その他操作もシンプルで簡単です。

画像5: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

電動ウインチで車いすを引き上げます。介護する方がしっかり車いすを支えながら引き上げボタンを押すので安心です。

シートへの乗り移りが難しい方や車いすのままの乗り降りしたい方はこちらのタイプになります。

対応車種
N-BOX・フリード+・ステップワゴン

操作手順をしっかり見ておきましょう!

乗り降りを少し手伝ってほしい方に。

助手席回転シート車

画像6: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

助手席がレバー操作ひとつで回転するので、足腰が弱ってきた方などの乗り降りをサポートしてくれます。

画像7: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

楽な姿勢を維持したままの乗降が可能です。回転シートなので乗り降りの負担を軽減してくれます。

画像8: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

足元にはゆとりのスペースを確保。折りたたみ式のフットプレートに足を乗せればドアにつま先もあたりません。

ロングドライブでも疲れにくいシートはそのままなので、長時間座っていても快適です。

対応車種
N-WGN・フィット・シャトル・グレイス

詳細のわかる動画はこちらからどうぞ。

以上、Hodaの福祉車両4種をご紹介しました。

ほかにも手や足の不自由な方でも運転できる補助装置付きの車両などもラインナップしています。こうした福祉車両を実際に試せるお店が「オレンジディーラー」

実際にお店で使い勝手を試せますので、ぜひお近くのオレンジディーラー各店へ!

This article is a sponsored article by
''.