アドベンチャーバイクの風雲児アフリカツインが1100ccに生まれ変わります!新型はスゴい。前後電子制御サスペンションまで用意されてる。でも、ひとつだけ問題も。そこで考えると現行『アフリカツイン』っていいよなぁ……って思ったりしませんか?

1000ccのアフリカツインは今が最後!

画像: 1000ccのアフリカツインは今が最後!

冒険バイクが欲しい、いつかはアフリカツインを買ってやるゼ!って志していたライダーの人もいらっしゃると思いますが……

ご存じの通り、排ガス規制(EURO 5)のこともありアフリカツインがモデルチェンジします。

このタイミングで個人的に思うのは『1000ccのアフリカツインに全く不満がない!』っていうこと。

けっこう本気で完璧。すごく良いバイク。カッコいいし。

……さらにお値段も、このクラスにしてはお手頃でした。それもけっこう大事なことです。

CRF1100L 新型アフリカツインはどうなんだ?

画像: CRF1100L 新型アフリカツインはどうなんだ?

そして、こちらが新型アフリカツイン。

顔だけの変化じゃありません。

排気量は998ccから1082ccへアップしてCRF1100Lになりますし、コーナリングABSやら電子制御サスペンションやらもフル装備可能。

スゴい。マジでスゴそう。

だけど、ちょっとネ。お値段も上がります。

最上級モデルだと税込205万円オーバーとなりました。

う、むむむ……

これまでのアフリカツイン/CRF1000Lの隠れた魅力

画像1: これまでのアフリカツイン/CRF1000Lの隠れた魅力

そこで『もう1回、最後に1000ccのアフリカツインに乗りたい!』と思った訳です。

それも

●アドベンチャースポーツ

●ローダウンモデル

●MT(マニュアル)仕様

に乗りたかった。

ボク思うんですが……このパッケージって、けっこう理想的じゃないですか?

画像2: これまでのアフリカツイン/CRF1000Lの隠れた魅力

ボクは身長が176cmあるので、ローダウンモデルじゃなくても足は着くと思いますけど、自分で買うならローダウンモデルにします。

やっぱね、大事ですよ『足がちゃんと着く』っていうのは!

そこでローダウンモデル(TypeLD)なら両足ともベッタリ接地。

跨ったままバックもできる(これもけっこう大事!)のも嬉しい。

日本人の標準的な体格の男性であれば、アフリカツインは誰も拒絶しないんです。

ローダウンによってオフロード性能が弱くなるかもしれませんけど、ボクの場合は、この巨体でそこまでハードなオフロード走行しませんし(笑)

画像3: これまでのアフリカツイン/CRF1000Lの隠れた魅力

だって見てください。身長176cmでもこのサイズ感です。

アフリカツインは威風堂々なリッターアドベンチャーですから車体もデカい。

だから余計に『安心』が欲しい……と思っちゃう訳ですね。

そして、この理想パッケージが!!!

現行モデルは158万5100円です!

ちなみに1000ccのアフリカツインシリーズで最安は128万4000円から。

この価格設定は本当にミラクルです。

This article is a sponsored article by
''.