「のぞみる」こと声優・西田望見が都内からもアクセスしやすいツーリングスポットへお出かけする連載「A Little Rider」。今回はイエローが可愛いモンキー125に乗って、人気の手作りおにぎり屋さんへ行ってみました。一体どんなお店なのでしょうか⁉︎

さて、私のもとにおにぎりが到着しました!

みてください、このつやっつやでふっかふかのおにぎりたちをっっっ…!

画像5: 手作りおにぎり ぼんご!

とっても柔らかく握ってあるから、優しく持って口に運ぶのがポイント!

パクッ! う〜ん…!おいしい!!♡♡

卵黄肉そぼろは甘めの味付けの卵黄醤油漬けと相性抜群!口の中でトロットロにとろけてちゃいます。

めんたいクリームチーズは、ご飯の温度でチーズがとろけ、めんたいのつぶつぶと絡み合う……クリーミーなめんたいこがふんわりと口いっぱいに広がります。

しゃけはおにぎりの定番!辛目の塩味がごはんとベストマーッチ! さすが…王者の貫禄を見せつけてくれました。

しゃけすじこは、すじこがとろっとろで、しょうゆがしっかり浸透していておいしぃ〜♪
口の中にとろみが広がってゆきます…はぁしあわせ。。。

おにぎりはもちろん持ち帰りもOK。3時間以内に食べるのがお約束です!

画像: 女将の右近由美子さん。とっても気さくで笑顔がステキです♡

女将の右近由美子さん。とっても気さくで笑顔がステキです♡

ぼんごは2019年の12月に60周年を迎える老舗中の老舗です。

以前は別の場所にあったのですが、現在のところに移って30年……街のみんなに愛されて続けています。いまでは遠方から尋ねて来る人もいらっしゃるとか!

新潟県岩船産のコシヒカリ・棚田米を使用したおにぎりの具は、現在55種類!

「お嫁に来たときは20種類くらい。当時珍しいのは納豆くらいだったね〜」と女将さん。

具の組み合わせは、2個も食べれない人のために2種類入れたのがはじまりなんですって。なんておやさしい!

ちなみに、女将さんいわく「具は3つでもいいけど、味の保証はしません笑」です!笑

画像6: 手作りおにぎり ぼんご!

おにぎりはできたてを食べて欲しいから作り置きは一切なし。具材なども1週間単位で仕込みして絶対にロスを出さないのも素晴らしいです!

なんと1日に使う米は約1俵(1000個分くらい)もあるため、店にある炊飯器は1年持たないのだそう。

そんなぼんごさんの歴史をもーーっと知りたい方に朗報です♪
なんとぼんごさんの本が出版されています!

画像7: 手作りおにぎり ぼんご!

ふむふむ…なるほど、こうやってつくるのかぁ…

ぜひお手にとってみてくださいね!

ぼんごさん、ごちそうさまでした〜‼︎ できたてほかほかの美味しいおにぎりをたっぷり堪能させていただきました♬♬

さぁて、つぎはどこに行こうかなぁ〜♪

画像8: 手作りおにぎり ぼんご!

(つづく)

ぼんごさんはこちらっ

所在地東京都豊島区北大塚2-26-3
TEL03-3910-5617
営業時間11:00〜24:00
定休日日曜日(祝・祭日は営業)
公式サイトhttps://www.onigiribongo.info/
【おにぎり ぼんご】

続きの記事はこちら

過去の連載はこちらから!

This article is a sponsored article by
''.