バイクって高そう…そう思っている方必見!原付なら実は税抜・30万円以下で買えちゃうものが結構あるんです。憧れのバイクライフはもう目の前にありますよ〜!今回は50cc以下の原付に絞ってご紹介したいと思います。

そもそも原付ってなに?原付二種との違いは?

よく耳にする「原付」ですが、原付二種とは何が違うのでしょうか。
簡単にまとめてみました!

原付原付二種
排気量50cc以下50-125cc以下
免許普通自動車免許で乗れる小型限定普通二輪免許が必要
速度制限30km/h60km/h
交通ルール二段階右折の義務二段階右折の必要なし
二人乗りNGOK
車検不要不要

それではまず、30万円以下で買えちゃうHONDAの原付(50cc以下)をご紹介します!

スーパーカブシリーズ

スーパーカブ50/プロ

日本一有名なバイクとも言われるスーパーカブ
丸目で愛らしいヘッドライトが親しみやすく、愛着のわくスタイルですよね。

仕事のパートナーとしてはスーパーカブ50プロがおすすめです。
荷物の積載に活躍するリアキャリアに加え、長時間の運転を考慮し、快適な乗り心地にこだわったシートを装備しています。

価格 215,000円(税抜)〜

クロスカブ50/クロスカブ50・くまモン バージョン

アウトドアストリートを意識したパワフルな走りで行動範囲もグーンと広がります。水や泥はね、飛び石などの影響を抑えるフロントマッドガードが装備されているので、快適に運転できますよ。
カモフラージュ柄をあしらったメーターパネルやマフラーガードなど、アウトドアテイストあふれるデザインで気分も上がっちゃう!

そしてなんと、くまモンとのコラボバージョンも販売されています。街中でも注目されること間違いなし!

価格 270,000円(税抜)〜

ジョルノ/ジョルノ・くまモンバージョン

シックで上品なカラーやデザイン、そして機能性にこだわったファッションスクーターです。
環境性能に優れた50cc水冷エンジン「eSP」で、発進や加速も軽快に、坂道でもパワフルに登ってくれます。走行状況に応じてガソリンを効率的に使うPGM-FIや低フリクション技術により、省燃費にも貢献。せっかく車両価格が安くても燃費が……じゃ本末転倒ですもんね!

こちらもくまモンバージョンがあります。黒×赤のカラーリング、ほっぺや口元をイメージしたドット柄、それと隠れくまモンがかわいいです!

価格 180,000円(税抜)〜

タクト

画像: タクト www.honda.co.jp

タクト

www.honda.co.jp

ふだんの生活の中で快適に乗り続けていくためのスタンダードスクーターです。環境性能を意識したアイドリングストップ・システムや足着き性に配慮したローシートを採用。

収納スペースも大容量で、フロント左側にはペットボトルホルダー。中央にはバッグなどを掛けられる大型フックを搭載。ちょっと買い込みすぎちゃった…なんてときにも大活躍です!

さらに軽快な走りと省燃費を両立するエンジン、時計付きメーターなど、あったらいいなという装備をきっちり採用。少し角ばったデザインもかっこいいですね!

価格 153,000円(税抜)〜

DUNK

画像: DUNK www.honda.co.jp

DUNK

www.honda.co.jp

若者の通学や通勤、さらには普段の生活の楽しみを広げるスクーターとして開発。スマホなどが充電できる12V電源のソケットや23Lのラゲッジボックスは、ヘルメットはもちろん、A4サイズのファイルなどの小物類も収納可能。

座り心地のよいフラットシートは後方に長く背負ったリュックなども置けちゃいます。そこまで考えてくれるなんて…Hondaさん優しすぎ⁉︎ 乗るほどに実感できる使い勝手の良さを徹底追求しました!

価格 199,000円(税抜)〜

ベンリィシリーズ

ベンリィ/ベンリィ プロ

画像: ベンリィ/ベンリィ プロ。※写真のリアボックスは撮影用に取り付けたものです www.honda.co.jp

ベンリィ/ベンリィ プロ。※写真のリアボックスは撮影用に取り付けたものです

www.honda.co.jp

配達する人のパートナーとして登場したベンリィシリーズ! ピザ屋さんや新聞配達など今や見ない日はないくらい大活躍しています。重い荷物も積める大型のリアキャリアは低床設計で荷物の積み降ろしもラクラクです。

走りはパワフルですが、始動はとっても静か。普段から荷物の多い職業の方は、この便利さに思わず「べんりぃー」と言ってしまうことでしょう。

価格 220,000円(税抜)〜

以上が、30万円以下で買えちゃうHONDAのバイク【原付編】でした!原付だと10万円台でもたくさんの選択肢があっていいですよね!

【原付二種編】はこちらからどうぞ!

併せて読みたい!

This article is a sponsored article by
''.