バイクって高そう…そう思っている方必見! 実は30万円以下で買えちゃうものが結構あるんです。というわけで、今回は【原付二種編】。まずは原付と原付二種の違いを簡単にご紹介します。憧れのバイクライフはもう目の前にありますよ〜!

そもそも原付と原付二種の違いってなに?

よく耳にする「原付」と「原付二種」。一体何が違うのでしょうか。
簡単にまとめてみました!

原付原付二種
排気量50cc以下50-125cc以下
免許普通自動車免許で乗れる小型限定普通二輪免許が必要
速度制限30km/h60km/h
交通ルール二段階右折の義務二段階右折の必要なし
二人乗りNGOK
車検不要不要

それでは、30万円以下で買えちゃうHONDAの原付二種を排気量順にご紹介していきます!

スーパーカブ110/プロ

丸を基調としたやわらかなフォルム、丸目のヘッドライトやウインカーなど、親しみやすいデザインで乗れば乗るほどに愛着の湧くスタイルが人気のヒミツ! 運転の楽しさと扱いやすさを両立しました!

プロタイプは、「積む」「運ぶ」「配る」にこだわっており、荷物をたくさん積めて、しっかり走れる省燃費仕様。空冷4ストローク単気筒エンジンで燃料消費率65.0km/Lを実現しました。

価格 255,000円(税抜)〜

ベンリィ110/プロ

画像: ベンリィ110/プロ www.honda.co.jp

ベンリィ110/プロ

www.honda.co.jp

ビジネスの作業効率をもっとあげたい人にはベンリィ110/ベンリィ 110 プロがおすすめ。

リアデッキは最大60kgまで積載可能。パワフルかつ高い静粛性の110cc空冷4ストローク単気筒エンジン採用で非常に静か。発進加速も軽快で、荷物をたくさん積んでいてもスイスイ坂道を登ってくれます。

価格 260,000円(税抜)〜

Dio110

画像: Dio110 www.honda.co.jp

Dio110

www.honda.co.jp

空冷110ccエンジン「eSP」はパワフルな出力特性で、街中での走りをより快適に、そしてアクティブに楽しめます。

走行状態に応じて最適な燃料供給を行ってくれるPGM-FIや、高い排出ガス浄化性能で環境配慮もバッチリ。アイドリングストップ・システムも搭載しているので、燃費消費や排出ガス、騒音も抑えてくれます。

画像: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

メーターは見やすさにこだわった新デザイン。まさにシンプルイズベストですね!

価格  214,000円(税抜)〜

リード125

画像: リード125 www.honda.co.jp

リード125

www.honda.co.jp

スタイリッシュでかっこいいデザインと高い機能性を両立したモデルです。乗り心地と足つき性を考慮したシートは、大人2人のタンデムランも余裕のサイズ。原付ではできない二人乗りも楽しめます!

2019年12月20日〜2020年3月31日までの受注期間限定モデルもマットブラックでかっこいい!

画像: マットギャラクシーブラックメタリック www.honda.co.jp

マットギャラクシーブラックメタリック

www.honda.co.jp

ワンランク上の上質感で、日常のバイクライフがより楽しみになること間違いなし!
欲しい方は急いでください〜〜!

価格 287,000円(税抜)〜

以上が、30万円以下で買えちゃうHONDAの原付二種でした!4シリーズありましたが、それぞれにかっこよさだったり、便利さが兼ね備えられていて迷ってしまいますよね。

30万円は超えちゃうけど……かっこいいの揃ってます!

他にも30万円は超えてしまいますがPCX、グロム、モンキー、CB125Rなど、人気の高いモデルが揃っています!

PCX 価格:317,000円〜

画像: PCX www.honda.co.jp

PCX

www.honda.co.jp

GROM  価格:325,000円〜

画像: GROM www.honda.co.jp

GROM

www.honda.co.jp

Monkey125 価格:370,000円〜

画像: Monkey125 www.honda.co.jp

Monkey125

www.honda.co.jp

CBR125R 価格:415,000円〜

画像: CBR125R www.honda.co.jp

CBR125R

www.honda.co.jp

お金ももちろん大切ですが、やっぱり自分がかっこいい!欲しい!と思ったバイクに乗るのが一番です! どのモデルにするのか、どんなバイクライフを送りたいのかなどじーーーくりと悩んで、自分だけの愛車を見つけてくださいね!

30万円以下で買えちゃう【原付】もどうぞ!

併せて読みたい!

This article is a sponsored article by
''.