排気量が1100ccもあるのに、まるでスピードを出そうと思いません。ぶっちゃけ言うなら、それほど速いわけでもない。だけど『イイなぁ~』って、すごく思う。価格で約136万円は高価ですけど、それを途中から高いと思わなくなった自分がちょっと怖い……。

CB1100EXに惚れそう……

画像1: CB1100EXに惚れそう……

今のホンダのラインアップの中で『純クラシック路線』のバイクって、実はこのCB1100シリーズしかないんですよね。

そのCB1100シリーズの中でも特にクラシック感が強めなのがCB1100EXです。

すこし細めのフロントフォークにフォークブーツの組み合わせがイイ感じ。

前後18インチのワイヤースポークホイールも雰囲気です。

ちなみに個人的には後輪に140幅という細めのタイヤを履いているのがツボだったり。

最近はネオクラシックを謳うバイクも多いですけど、だいたいは太いリアタイヤで、ちょっとムードが足りないですからネ。

画像2: CB1100EXに惚れそう……

そして、アイデンティティはやっぱりこれ。

空冷の直列4気筒エンジン。

排ガス規制が厳しくなる中で、よくもまぁホンダは完全空冷の4気筒エンジンを作れるものだなぁと感心するばかりです。

CB1100EXはエンジンが傑作すぎる

その厳しい排ガス規制のあおりを喰らえば、一般的にはスカスカ&味わいゼロなエンジンになるかと思えるのですが、これがもうほんと真逆。

低速域から力強さモリモリだし、それでいて4気筒らしく滑らか。

だけどザラッとした旧車のような質感もある。

なんでこんなエンジンを作れるんだ?

ここはもう、さすがホンダ。

技術が高い、としか言いようがないです。

画像1: CB1100EXはエンジンが傑作すぎる

そこからさらにトドメで……音がいい。

本当にいい。

本気で感動レベル。

目を閉じて音だけ聞くと、現代の最新バイクだなんて信じられないくらいです。

画像2: CB1100EXはエンジンが傑作すぎる

例えばCB1100EXが気になってお店に見に行って、そこでエンジンをかけさせてもらえたら。

あまつさえ、目の前で空吹かしとかされたら……

大変に危険です(笑)

もうその時点で『これください!』って言っちゃいそう。

音だけで買ってもいいと思える。

それほどに良い音がするバイクなんです。

This article is a sponsored article by
''.