ホンダが世界に誇るスーパースポーツカーであり、ヨーロッパでも大人気の「NSX」。2016年に発表された2代目は進化を続け2020年モデルも誕生。そんな2020年モデルに新たなカラーリングが追加されました。かなりカッコいいです!!!

日本が誇るスーパースポーツカー「NSX」とは?

画像1: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

現在発売されているNSXは2代目で、NSXの歴史は今から30年以上前に遡ります。1989年に発表され、1990年に発売された初代NSXはミドシップレイアウトという先進的なスポーツカーでした。

とことん軽量化されたボディに、軽量高出力なVTEC V6エンジンも相まって世界トップクラスのパフォーマンスを発揮したNSX。ABS、TC、エアバッグなども装備され、快適性、使い勝手、安全性も充実したスーパースポーツカーだったのです。

2016年に発表した2代目NSXは、初代モデルが提案したコンセプト「人間中心のスーパースポーツ」を継承しながら、3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」を採用。V型6気筒DOHC 3.5リッターツインターボエンジンを搭載し、トランスミッションは9速DCTを組み合わせで駆動方式は4WDとなっています。

新色はイエロー‼︎

2019年12月5日、ホンダは「NSX」の2020年モデルの受注を開始しました。注目は新色の「インディイエロー・パールII」が外装色に追加されたこと!

画像2: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

インディイエロー・パールIIは、初代NSXの「インディイエロー・パール」にインスピレーションを受けながら、クリアで鮮やかな発色へと時代とともに進化させ、スーパーカーとしての佇まいと力強い存在感を表現するとともに、NSXの世界観、またスーパースポーツならではの“観る・所有する”喜びのさらなる醸成を図ったとされています。

2020年モデルのボディーカラーは新色の「インディイエロー・パールII」に、「バレンシアレッド・パール」「ヌーベルブルー・パール」「サーマルオレンジ・パール」「ソースシルバー・メタリック」「カジノホワイト・パール」「クルバレッド」「130Rホワイト」「ベルリナブラック」の全9色が用意されています。

そんな新型NSXが東京オートサロン2020のホンダブースで展示されました!

東京オートサロン2020のホンダブースでNSX2020年モデルを発見!!

画像: 東京オートサロン2020のホンダブースでNSX2020年モデルを発見!!

日本初公開となるインディイエロー・パールIIカラーのNSXを東京オートサロンで見てきました!

か、かっこいい....今までパールのイメージが強かったNSXですが、イエローとの相性がめちゃくちゃいいです!

思った以上に濃いイエローで、世界の超高級スーパースポーツカーに使われる色といった感じ。日本が世界に誇るスーパースポーツカーなだけあって、この印象的な色に車両が負けていませんでした。

発売は2020年4月を予定で、価格は2420万円となっています。ヨーロッパで人気のNSXですが、日本でも走ってる姿が見れるかもしれませんね!!

併せて読みたい!

This article is a sponsored article by
''.