東京オートサロンのホンダブースには2019年に各カテゴリーで活躍したマシンが並びました。本企画は、ホンダが参戦するモータースポーツで活躍し、オートサロンにて展示されているマシンと共に2019年シーズンを振り返ってみようというもの。今回はMotoGPの王として君臨し、絶対的な強さで2019年シーズンもチャンピオンに輝いたマルク・マルケスが操るマシン、RC213Vです。

記録を更新し続ける絶対王者

画像1: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

26歳で8度目の世界チャンピオンに輝いたマルク・マルケス。MotoGPにデビューしたルーキーシーズンからこれまで2015年を除くすべてのシーズンでチャンピオンに輝くMotoGPの絶対的な存在です。

2014年には開幕10連勝など、これまでにもさまざまな記録を打ち立ててきたマルケスですが、2019年もすごい記録を打ち立てました。最高峰クラスでの通算6回目のタイトル獲得記録、グランプリ全クラスを通じて8回目のタイトル獲得共に史上最年少記録を更新したのです。

さらに、最高峰クラスでホンダ車で6回目のタイトル獲得は、ミック・ドゥーハンの5回を上回り、歴代ホンダライダートップとなりました。

画像2: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

2019年シーズンはマルケスの「強さ」をまざまざと見せつけられたシーズンでした。第3戦アメリカズGPでのノーポイント以外、すべてのレースで2位以上に入るという驚異的な成績を残し、GP史上初の獲得ポイント400を上回ってみせました。

チャンピオンも早々に決めてしまい、ライバル達もなす術なしといった感じでしたね。

若くして「強く」なったマルケス

画像3: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

まだ26歳でこの成績、この先マルケスはどのような記録を作っていくのでしょうか。さらに成熟していくであろうマルケスはこの先全戦全勝も成し遂げてしまうのでは無いかと思ってしまうほどです。

マルケスは反射神経がよく、転倒を回避する能力に秀でていますが、実は誰よりも転倒の回数が多いんです。

常に好成績を残していてなんで?と思うでしょう。実は転倒するのはあくまでフリー走行、もしくは予選だけであって、決勝ではフリー走行で見つけた限界を超えない範囲で走ることで、常に表彰台に登っているんですね。

これはチャンピオンに唯一なれなかった2015年以降徹底するようになったと感じます。そして2016年以降、マルケスは無理をしなくなり、勝てるときは確実に優勝し、無理なときはリスクを負わず、確実に表彰台でフィニッシュするようになりました。

画像4: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

その上で、2位以上しか獲得しないというレベルにまで上り詰めてきたんです。当分マルケスの勢いは止められそうにないです(止まる必要もないですが!)。

それほど、今のマルケスとRC213Vのパッケージはこれ以上ない組み合わせなんですね。ただ、勢いのある若手も続々と出てきて、虎視淡々と優勝を狙っています。

各メーカーから有望な若手が出てきている中、マルケスvs新世代という図式が今後のシーンを席巻するかもしれません。今シーズンも目が離せませんよ!

併せて読みたい!

This article is a sponsored article by
''.