世界スーパーバイク選手権(SBK)で近年ホンダはライバルたちの後塵を拝する成績に甘んじており、多くのホンダファンは悔しい思いをしている状況が続いています。来る2020年シーズンは最新のCBR1000RR-R FIREBLADE SPが投入されることになりますが、果たしてホンダファンの溜飲を下げる活躍をしてくれるのでしょうか!? 要注目です!

ウェットの初日は首位タイム! でしたが・・・

久しくホンダはSBKにおいて、ホンダ・レーシング(HRC)が運営するワークスチームでの活動を控えていましたが、2020年シーズンからはチームHRCとしてワークス活動を行うことになりました。マシンは新型「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」! ライダーにはドゥカティから移籍となるアルバロ・バウティスタ、そしてカワサキから移籍のレオン・ハスラムを起用しました。

そして、注目の新体制の公式デビューとして、1月22日、23日にスペインのヘレス・サーキットで行われた公式テストにチームHRCは参加。初日はあいにくのウエットでしたが、ハスラムが一番時計を記録! そしてバウティスタも10番手と、まずまずの船出となりました。

画像: 昨年度はドゥカティで活躍したアルバロ・バウティスタは、今年からHRCに移籍。最新のCBR1000RR-R FIREBLADE SPのハンドルを、カワサキから移籍したレオン・ハスラムとともに託されます。 www.worldsbk.com

昨年度はドゥカティで活躍したアルバロ・バウティスタは、今年からHRCに移籍。最新のCBR1000RR-R FIREBLADE SPのハンドルを、カワサキから移籍したレオン・ハスラムとともに託されます。

www.worldsbk.com
画像: ウェットコンディションのなかで始まった、スペイン・ヘレスでのSBK公式テストに参加した、アルバロ・バウティスタのホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP。チームメイトのハスラムは初日の首位タイムを記録。一方バウティスタは、10番手のタイムでした。 www.worldsbk.com

ウェットコンディションのなかで始まった、スペイン・ヘレスでのSBK公式テストに参加した、アルバロ・バウティスタのホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP。チームメイトのハスラムは初日の首位タイムを記録。一方バウティスタは、10番手のタイムでした。

www.worldsbk.com
画像: WorldSBK on Twitter twitter.com

WorldSBK on Twitter

twitter.com

残りのテストでどれだけセッティングを進めるか・・・注目しましょう!

テスト2日目はドライで走れる時間が少ないコンディションでしたが、SBK王者のジョナサン・レイ(カワサキ)が貫禄のトップタイムを記録。2番手はカワサキからヤマハに移籍したトプラク・ラズガットリオグル。3番手はドゥカティに新加入したスコット・レディング。4番手はヤマハからカワサキに移籍したアレックス・ローズで、5番手はマイケル・ファン・デル・マーク(ヤマハ)と、SBK優勝経験のある実力者たちがトップ5に入りました。

一方、チームHRCですがハスラムは6位で、首位のレイに対し約1.8秒差。そしてバウティスタは8番手タイムという結果になりました。

画像: テスト初日のL.ハスラムの走り。SBKの世界ではすでに大ベテランといえるハスラムですが、鈴鹿8耐でも実績を残してきたライダーでもありますので、今年の鈴鹿8耐の戦力補強として彼が加入したことは、HRCにとって心強いのではないでしょうか。 www.worldsbk.com

テスト初日のL.ハスラムの走り。SBKの世界ではすでに大ベテランといえるハスラムですが、鈴鹿8耐でも実績を残してきたライダーでもありますので、今年の鈴鹿8耐の戦力補強として彼が加入したことは、HRCにとって心強いのではないでしょうか。

www.worldsbk.com

今シーズンのSBKは、2月28日〜3月1日に開催されるオーストラリアラウンドで開幕しますが、その前にポルトガルのポルティマオにてプレシーズンテストが実施されます。また開幕戦の直前の2月24日から25日には、開幕の舞台であるフィリップアイランドにて再び2日間のテストが行われます。

時間はそんなに多くないですが、実績あるライバルたちを打ち負かすために、CBR1000RR-R FIREBLADE SPの戦闘力をどれだけ向上させることができるのか・・・が、チームHRCスタッフ全員の開幕までの課題でしょう。CBR1000RR-R FIREBLADE SPがバウティスタとハスラムのライディングによって、どのような成績を開幕戦で残すのか・・・今シーズンのSBKの開幕を楽しみに待ちましょう!

This article is a sponsored article by
''.