去る2月23日(日)、鈴鹿サーキット内、鈴鹿サーキット交通教育センター「STEC(エステック)」にて、バイクのスクールに特化した1Dayイベント「STEC Bike Only Day」が開催された。初級〜上級までレベルに合わせたカリキュラムで楽しく学びながら走れるほか、鈴鹿サーキットならではの特典走行も実施された。

鈴鹿サーキット交通教育センター「STEC」とは?

鈴鹿サーキット交通教育センター「STEC」は、1964年に開催された緊急自動車(白バイ)の高速安全運転講習が原点。バイクやクルマ好きな人が、いつまでも楽しく安全に乗り続けてもらえるように、安全運転技術とマインドを高める取り組みを行う交通教育センターだ。

どんなに安全技術が進化しても、クルマを運転しているのは”人”。「人に対して運転技術だけでなく、運転の心構えや周囲への心遣いなど、モラルを持ったドライバーを育成することにより、モビリティ社会で共存するすべての人の安全を目指していく」という信念をもとに運営している。

また、STECには国内最大級の7万㎡以上の面積を持つレーシングコースが併設されており、安全なカーブの曲がり方・ハンドル操作を学ぶスラロームコース、降雨時のドライビングを学ぶコース、制動について学ぶブレーキコース、バリアブル(多目的訓練)コースなど運転操作の基本から応用まで独自のプログラムにてトレーニングすることができる。

レベルに合わせたプログラム内容 鈴鹿サーキットのレーシングコースも走行!!

2回目の開催となる「STEC Bike Only Day」は、インストラクターの指導のもと「楽しく、学んで、走る」イベント。天候に恵まれた当日は、初参加者15名を含む総勢65名が参加。リピーターから初参加まで、個々のレベルに合わせた内容で走行し、「テンポ良く受講生に合わせた課題だっだ」「午前と午後で比べると自分自身が成長したことを感じた」など喜びの声が挙げられた。

HMS1st初級タウンライドチャレンジ
HMS1st中級ツーリングライドチャレンジ
HMS1st中級ツーリングライドチャレンジ(車両持ち込みコース)
HMS2nd中級スポーティライドチャレンジ

レッスンの最後には、鈴鹿8耐やF1の舞台である鈴鹿サーキットの国際レーシングコース上での記念撮影と走行という特別なプレゼントが。運転スキルの向上はもちろん、参加者にとって貴重な体験・思い出となった。

STECでは、個人向けレッスンの他、企業研修や親子で楽しめるバイクの体験など目的に合わせたカリキュラムが実施されている。トレーニング用のホンダ車両が完備されており、乗車に必要なヘルメットやプロテクターもレンタル可能なため、長袖長ズボンを着用していけば身ひとつで参加することができる。

これから暖かくなり本格的なバイクシーズンとなる。
バイクのスキルを上達させたい方や、シーズン前に練習がしたい方、楽しく学べて走れる鈴鹿サーキット交通教育センター「STEC」に一度足を運んでみては?

鈴鹿サーキット交通教育センター(STEC)

This article is a sponsored article by
''.