定番だけど、さらっと“定番”なんて言うには基本的なレベルが高すぎるCB400SFですが、実際に乗って感じるのは性能を超えた『その先』にある部分です。このバイクに乗れば、本当に、バイク乗りとして幸せになれる!

CB400SFなら『何でもできる』って思える

前編で言ったとおり、ボクはCB400SFを公道を、特に日本の道を走ることに特化したバイクだと考えています。

最高の水準に整えられたバランス感。

それは日本のタイトなワインディングでも、すばらしい楽しさを感じさせてくれるんですよ。

画像1: CB400SFなら『何でもできる』って思える

どこにも無理を感じないライダー側の高い自由度と、状況を的確に伝えてくれる車体からのインフォメーションの多さ。

ダメだと思うときは引く。イケる!と思うときはそのままに。

CB400SFは、ライダーにその判断をさせるのがとても上手です。

だから『自分がバイクを操っている!』っていう興奮と満足感がもう……最上級レベルに高い!

そして自由度が高いから、どんなフィールドにも柔軟に適応してくれるんです。

画像2: CB400SFなら『何でもできる』って思える

その土台はやっぱりコレ。

今や唯一となっている4気筒エンジンです。

最高出力は56馬力。扱いやすさとパワー感も文句なし!

ここにきてCB400SFは歴代最高の完成度になっていると思います。

画像3: CB400SFなら『何でもできる』って思える

排ガスや騒音の規制も厳しい昨今ですが、現行モデルのCB400SFは歴代モデルの中でもかなりイイ仕上がりになっています。

ちなみに現行モデルは音量もけっこう迫力あり(笑)

そこに加えて、低回転域は低速に強い2バルブ、高回転域では伸びの良い4バルブに切り替わるホンダ独自のハイパーVTECのおかげも相当あります。

画像4: CB400SFなら『何でもできる』って思える

このエンジンのおかげで、見通しの良い爽快ワインディングでは、天井知らずに伸びていくような4気筒フィーリングとサウンドが快感そのもの!

これがまた、大型バイクに乗りなれた人ですら「すごい気持ちいい!」って思える最高フィーリングなんです。

画像5: CB400SFなら『何でもできる』って思える

そして、その高回転の伸びやかさは高速道路でもライダーを飽きさせません。

例えばパワーのない250ccクラスだと、高速道路は『単なる移動』でガマンの時間になってしまいがち。

でもCB400SFは全然違います。

楽しいからって調子に乗っていると、実にあっさりと免許が危ないレベルのスピードにさえなっちゃうくらい(笑)

画像6: CB400SFなら『何でもできる』って思える

でも、そんな風にエンジンを回して走るのが楽しいクセに、ツーリングでのんびり走る時には、平和な気持ちになれる穏やかさも同時に備えている訳ですよ。

なんなんだ、この万能さ……って、本当に感心します。

画像7: CB400SFなら『何でもできる』って思える

旅では乗り心地も快適だし、自然なライディングフォームで疲れない。

エンジンフィーリングも滑らかでカドがないから、加速減速に気を遣うこともありません。

画像: ライダー身長/176cm

ライダー身長/176cm

足着き性だってシート高755mmとかなりの安心レベル。

街中のストップ&ゴーから、旅で道を間違えた時のUターンまですべからく安心です。

重量だって重すぎることがないから、停車時の取り回しもラクラク。スイスイ動かせます。

This article is a sponsored article by
''.