ホンダのSUVは2020年現在、ヴェゼルとCR-Vの2車種です。SUVをお考えの方に向けて、今回はその2車種の特徴をご紹介。最後に投票もありますので、そちらもぜひ!

ホンダのSUVは「ヴェゼル」と「CR-V」の2種類!

SUVってなに?

SUVとは、スポーツ・ユーティリティー・ビークル(Sport Utility Vehicle)の略で、日本語でいえば、スポーツ用の多目的車といったところ。

その言葉がアメリカで出来た頃と今では概念が異なるのですが、SUVと聞くと悪路などでの走破性も高くアウトドアなどで活躍するクルマ、なんてイメージがあるのではないでしょうか?

HondaのラインナップにあるSUVは、オフロードをガンガン走るクルマ……ではなく、クロスオーバーSUV、つまり趣味性と実用性を合わせたオンロードメインのクルマです。このジャンルは昨今の人気ジャンルでもあり、注目度も抜群!

それではさっそくヴェゼルとCR-Vをご紹介していきます。

ヴェゼル

画像1: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

走りのために職人がこだわり抜いて仕上げたデザイン(Modulo X)で、人気のロングツアラーです。

SUVというと大きなクルマを想像しちゃいますが、意外にもコンパクトで、女性でも運転しやすいのが魅力です。発進、加速、コーナリング、ブレーキ、静粛性、そして乗り心地の良さ。すべてにおいて高次元!

ハンドルを握れば、ドライビングに夢中になってしまうことでしょう。

頭上も足まわりもゆったりの室内空間

「身長185cmの人でも、ゆったり座れる」ことを基準に設計したリアシートのおかげで室内は広々。家族でのお出かけも安心です。

ラゲッジルームも広く、リアシートを倒せばさらに大きな空間が広がります。

クルマの印象はボディカラーだけでなく、シートやカラーの違いで、全く違った表情を見せてくれます。シンプルなブラック<ファブリック>でシックに決めたり、本革シートで高級感を出すことも、ツートンでオシャレさを演出することもできます。

こちらはシートデザインの一例。

ヴェゼルは安全に対して追求を重ねた結果、平成29年度自動車アセスメントの予防安全性能評価において「ASV++」を獲得!
さらにミリ波レーダーと単眼カメラによって前方の状況を認識。様々な危険回避をサポートしてくれます。

ヴェゼルは税込2,113,426円(FF車)〜購入可能。また、ハイブリッド車は税込2,505,555円〜ととなっています。

併せてこちらもどうぞ

CR-V

画像8: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

2018年にデビューした5代目CR-V。ボディサイズは車長4605×車幅1855×車高1690でミドルサイズSUVらしい堂々としたスタイルとなりました。

サイズは大きくなったけど燃費は以前よりいい!
ハイブリッド車のWLTCモード燃費は、FFが21.2km/L、4WDでも20.2km/Lを実現しています。

シート仕様は5人乗りと7人乗りの2タイプ

画像: 7人乗り3列シート

7人乗り3列シート

目的に合わせて5人乗り2列シートと7人乗り3列シートが選べます。

シートアレンジも簡単で、倒すのも戻すのもワンアクション。ガソリン車タイプに限りますが、荷室床面を上下2段階の調節も可能です。

価格以上の高級感が味わえる

本革シートなどを使用した上質な室内インテリア。USBのジャックやドアポケットなども備えており、車内で過ごす時間もより快適になりました。

安全対策もバッチリ!

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプ標準装備。さらにCR-Vには渋滞追従機能付ACCや、オートハイビームが搭載されています。

気になるCR-Vの価格は、FF/5人乗りで税込3,290,100円〜、FF/7人乗りで税込3,484,800円となっています。ハイブリッドタイプだと、FF/5人乗りで税込3,854,400円〜、4WD/5人乗りで税込4,074,400〜円です。

多彩な専用装備とともに快適性や楽しさのポテンシャルも含めると、かなりお得なのではないでしょうか?

併せてこちらもどうぞ

最後に皆さん選んでください!

ホンダのSUV、あなたの乗りたいクルマはどっち!?

This article is a sponsored article by
''.