先日、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、感染者搬送車両(仕立て車)やフェイスシールドをホンダが製造・提供する話題をご紹介しましたが、今回はその製造過程がよくわかるYouTube動画3本をご紹介します。

ホンダが造る感染者搬送車両(仕立て車)とフェイスシールドについては、過去記事をご参照ください!

4月13日から日本国内に提供されている感染者搬送車両(仕立て車)ですが、本田技研工業株式会社 (Honda)のYouTubeチャンネルには「ものづくりセンター生産技術統括部」と「狭山完成車工場」の製造現場の模様が紹介されています。

オデッセイやステップワゴンのほか、ベース車に使われている車種にフリードがあることや、感染者搬送時に運転手が感染をしないようにするための前後席間の圧力差を利用した構造などがわかる、非常に興味深い内容になっています。

画像: 搬送車両プロジェクト(ものづくりセンター生産技術統括部編) youtu.be

搬送車両プロジェクト(ものづくりセンター生産技術統括部編)

youtu.be
画像: 搬送車両プロジェクト(狭山完成車工場編) youtu.be

搬送車両プロジェクト(狭山完成車工場編)

youtu.be

ホンダ製フェイスシールド欲しいです!!

感染者搬送車両(仕立て車)のほか本田技研工業株式会社 (Honda)のYouTubeチャンネルには、5月11日より開始された「ものづくりセンター栃木」でのフェイスシールドの生産の様子が動画で紹介されています。

画像: フェイスシールドの生産 youtu.be

フェイスシールドの生産

youtu.be

自治体を通じて、順次、医療現場に提供されるというこのホンダ製のフェイスシールド・・・ちょっとホンダヲタク的には欲しくなってしまいます。供給体制が万全になったらホンダへの応援を兼ねて購入し、普段使いしたいなと思うのは私だけでしょうか? ともあれ、ぜひともここに紹介した動画3本すべてを、チェックしてみてください!

This article is a sponsored article by
''.