日本のバイクの代名詞のひとつと言ってもいいホンダのCB400ですが、そのハーフカウルバージョンのCB400スーパーボルドールって、今だと100万円以上もするって知ってました? さすがに400ccで100万越えは、ちょっと驚きますね……。

高速道路でCB400SBの片鱗が見える

画像1: 高速道路でCB400SBの片鱗が見える

街乗りだけで言えばCB400SFとSBの機動力はほぼ互角。

視覚的な圧迫感がないから、むしろネイキッドのCB400SFのほうが気軽に感じるかもしれません。

だけど、高速道路に乗った瞬間にそれがひっくり返る。

ツーリングが大好きなボクとしては、そこからもうCB400SBを絶賛するしかなくなるんです。

画像2: 高速道路でCB400SBの片鱗が見える

その理由はウインドスクリーン!

じゃ、ありません(笑)

いやウインドスクリーンも超快適です。

上半身の胴体部分に当たる風をきちんとカットしてくれますからね。かなり良い感じ。

だけどそれよりも、ネイキッドCB400SFのようにフロントフォークにヘッドライトがマウントされてないことによるサスペンションの動きの良さ。

それが最高に気に入っているんです!

画像3: 高速道路でCB400SBの片鱗が見える

高速道路の路面の継ぎ目をトトンッと綺麗にいなすたびに『ほんとスゴいわコレ……』と感動します。

フロントフォークの初期の動きが素晴らしい。

わかりやすく言うと高速道路での乗り心地が最高にイイ!ってことです。

100万円越えの高級車。

それに納得させられる最初の感動が、高速道路にあるんです。

画像4: 高速道路でCB400SBの片鱗が見える

しかもCB400SBはETC2.0も標準装備でしょう?

このバイクを手に入れたら、もう高速道路に乗って、どこか遠くへ走り出したくなること間違いありませんです。

400ccの排気量がもたらす余裕

画像1: 400ccの排気量がもたらす余裕

そして、最高出力56馬力を11000回転で発生する4気筒エンジンは、時速100キロのクルージングでなんて余裕たっぷり。

トップギア6速/時速100kmでエンジン回転数は6500弱ってところ。VTEC機構が作動するかしないかの瀬戸際です。

遅いクルマに追い越しをかける場合もシフトダウンなんて必要無くて、スロットル操作だけでストレスなく車速を乗せていけます。

画像2: 400ccの排気量がもたらす余裕

このあたりはやっぱり400ccの排気量がもたらす余裕ですね。

ちなみに言うと、現行型ではありませんが何年か前に、富士スピードウェイでCB400SBを走らせた時、5速でメーター読み180kmに余裕で達した記憶もありつつ(笑)

しかも、その高速域で矢のようにまっすぐ安定して走り、周囲の安全を確認する余裕がたっぷりあったことも記憶に鮮明です。

快適で安全。だけど速い。

高速道路でCB400SBは、その実力の片鱗を見せてくるんです。

後編▶▶▶これは、ひとつの理想のカタチ

後編は明日、6月28日(日)公開予定です!

待ちきれない方は……ほかの車両をチェック!

This article is a sponsored article by
''.