愛機を完璧な状態で維持したいと考えるホンダVFR750R(RC30)オーナーにとって、注目の"リフレッシュプラン"が春の告知どおり6月中にスタートしました! その具体的なプラン内容をご紹介いたします!

RC30 リフレッシュプラン受付店は7店舗!!

1987年にホンダから限定販売された高性能スーパースポーツモデル「VFR750R(RC30)」を対象に、ベストコンディションに維持するプログラム「リフレッシュプラン」ですが、その相談および申し込みは、すでに7月28日(火)より開始されています!

その窓口となるのは、RC30 リフレッシュプラン受付店(全国指定7店舗のHonda Dream)です。

RC30 リフレッシュプラン受付店
1. Honda Dream 酒田 (山形県酒田市)
2. Honda Dream 高崎 (群馬県高崎市)
3. Honda Dream 王子 (東京都北区)
4. Honda Dream 足立 (東京都足立区)
5. Honda Dream 杉並 (東京都杉並区)
6. Honda Dream 名古屋西 (愛知県海部郡蟹江町)
7. Honda Dream 北九州 (福岡県北九州市)

リフレッシュプランの申し込みから納車までの流れは・・・。

車両確認

まずRC30 リフレッシュプラン受付店(全国指定7店舗のHonda Dream)へ電話で連絡。車両の状態を確認し、受付可能かを判断します。その後は、オーナー自身がRC30リフレッシュプラン受付店へ車両を持ち込み、受付店の整備士が車両の状態と書類等を確認することになります。

整備申し込み

熊本製作所内に開設予定の"モーターサイクルリフレッシュセンター"の整備士が、RC30 リフレッシュプラン受付店へ出向き、車両を確認しながらご希望される整備メニューについてお伺いしたうえで、適切な整備メニューを提案。その提案を了承したオーナーは、申込書記入することになります。

整備開始前最終確認

RC30 リフレッシュプラン受付店かた、モーターサイクルリフレッシュセンターへ車両を搬送。モーターサイクルリフレッシュセンターで分解確認し、整備申し込みに対して追加整備が必要な場合は、オーナーに連絡。了承してもらった場合は整備が開始されることになります。

リフレッシュ整備

モーターサイクルリフレッシュセンターの熟練の整備士が、車両を丁寧に整備します。また必要に応じ、整備状況の写真をオーナーとRC30 リフレッシュプラン受付店に送付し、報告してくれるということです。

完成検査

整備主任者による出荷前完成検査を実施し、実走行をすることで整備完成状態を確認。そして整備明細およびリフレッシュプラン保証書が作成されます。

納車

モーターサイクルリフレッシュセンターから整備完了した車両を搬送。RC30 リフレッシュプラン受付店から、オーナーへ車両を納めて完了となります!

なお、VFR750R(RC30)のリフレッシュプランのメニューは、基本メニュー、プランメニュー、オプションメニューで構成されており、車両コンディションやオーナーの希望に沿ったメニュー提案ができるように考えられています。

画像: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

また、VFR750R(RC30)のリフレッシュプランの企画にあたっては、ホンダの4輪スポーツカー「NSX」のリフレッシュプランで培ったノウハウを参考にしたとのことです。「NSX」のリフレッシュプラン企画で得た経験をベースに、VFR750R(RC30)のリフレッシュプランでは"2輪専用のリフレッシュプラン"を構築しているそうです。

画像: 「モーターサイクルリフレッシュセンター」の外観。8月上旬に熊本製作所内に開設する予定とのことです。 www.honda.co.jp

「モーターサイクルリフレッシュセンター」の外観。8月上旬に熊本製作所内に開設する予定とのことです。

www.honda.co.jp

純正部品も6月30日(火)より、順次ホンダ2輪車正規取扱店にて販売!!

VFR750R(RC30)のリフレッシュプランのスタートとともに、VFR750R(RC30)の純正部品の一部が再生産され、販売されることもオーナーにとって嬉しいニュースでしょう! バイクいじりが趣味のDIY派のオーナーや、少しでも整備予算をセーブしたいと考えるオーナーには、部品を再販してくれることは何よりのメーカーからの心遣いと言えるでしょう。

画像: VFR750R(RC30)の再販売する純正部品の一例。 www.honda.co.jp

VFR750R(RC30)の再販売する純正部品の一例。

www.honda.co.jp

VFR750R(RC30)のリフレッシュプランは、当時のRC30開発者や自らRC30オーナーであるホンダスタッフも中心となって進めてきたそうです。ホンダ2輪の歴史を振り返るときに欠かすことができない名機であるRC30を、良好な状態で後世に遺したいオーナーの方は、RC30 リフレッシュプラン受付店にすぐ電話をしてみましょう!

This article is a sponsored article by
''.