ホンダのカーシェアサービス「EveryGo」が、シェアサイクルサービス「Charichari」・「HELLO CYCLING」、及び小田急電鉄株式会社のMaaS(Mobility as a Service)アプリ「EMot」との連携スタートしました!これにより出発地から目的地までのスムーズで快適な移動体験が可能になります。

小田急電鉄のMaaSアプリ EMotとの連携について

EveryGoとEMotの連携(EMotの画面イメージ)

さらに、小田急電鉄のスマートフォン向けMaaSアプリ「EMot」との連携を2021年6月から予定しています。EMotは電車・バス・シェアサイクル・デマンド交通・カーシェアなどさまざまな行き方をユーザーに提案するアプリで、移動手段の一つとしてEveryGoが利用可能になります。

今回の連携開始により、EMotでEveryGoのステーションを検索しやすくなり、電車で出かけた先でEveryGoに乗り換えて移動する、といった複数の移動手段を組み合わせた移動がより便利になりました。

長距離移動は電車でゆったりと。到着駅から先は自由度の高いクルマで移動・観光

「EMot」で目的地までの移動ルートを確認し、到着駅付近のEveryGoステーションのクルマを検索。リンクをタップし、EveryGoのアプリでクルマを予約。長距離は電車でゆったり移動し、到着駅で電車を降りたらEveryGoに乗り継いで移動や観光が可能です。

今後も新たな移動体験やサービスの登場が楽しみですね!

こちらの記事もあわせてどうぞ!

Every GoでNEW FREEDを体感しよう!

This article is a sponsored article by
''.