Hondaが15年前から行っている清掃活動「Hondaビーチクリーン活動」。当記事では、清掃活動の内容と、これからの展開をご紹介していく。

“素足で歩ける砂浜を次世代に残したい”

“素足で歩ける砂浜を次世代に残したい”という想いからはじまった砂浜の清掃活動「Hondaビーチクリーン活動」。

2006年からはじまった本活動も、今年で15周年。当初はHondaの従業員やOBなどで構成されていたが、全国のHonda販売店やHondaグループ、地域の方たちによる協力の輪が広がり、なんと年間7,000人を超える活動へと発展。

これまでに全国200ヶ所以上の砂浜で活動を行い、実施回数は385回、回収したゴミは総量490トンにものぼるという。

画像: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

この活動をサポートするのは、漂着ごみであふれる砂浜を清掃するために独自開発した「Hondaビーチクリーナー」!

これはHondaのATV(all-terrain vehicle、全地形対応車)技術者が、市場性調査の際に、さまざまなゴミが散乱している砂浜を見て“技術で海岸をきれいにしたい”と考えたのが開発のきっかけ。

開発されたのは下記の通り。

サンドレーキ:ゴミをかき集める熊手の役目

底部の多数のピンが砂を掘り起こし、中に埋もれたゴミを回収。重量は約30kg、ピンの長さは砂の中に生息する生き物への影響が少ない10cm。

サンドスクリーン(通称「バタバタ」):砂とゴミを分けるふるいの役目

前部の鉄のバーが小さなゴミを砂とともに跳ね上げ、スクリーン(網)をバタバタと振動させて砂をふるい落とし、ゴミだけを回収する仕組み。

重量は約70kg。砂浜への負荷を小さくするため、シンプルで軽量な構造。

画像: サンドスクリーン(通称「バタバタ」):砂とゴミを分けるふるいの役目

ゴミ回収ステーション:ゴミを回収・分別

トレーラーの荷台にレール状のパイプを組んでゴミを回収。サンドレーキやサンドスクリーンで集めたゴミをここで回収し、スタッフの手で丁寧に分別。

画像: ゴミ回収ステーション:ゴミを回収・分別

回転式スクリーン(通称「ぐるぐる」):砂とゴミを分けるふるいの役目

回転式ドラムの中にゴミ混じりの砂をスコップで投入し、ぐるぐる回すことで砂をふるい落としてゴミを回収。サンドレーキやサンドスクリーンが使えない、砂が湿った波打ち際や海岸の隅でも使用でき、活動範囲を拡大。

画像: 回転式スクリーン(通称「ぐるぐる」):砂とゴミを分けるふるいの役目

手拾いとHondaビーチクリーナーで徹底清掃!

Hondaビーチクリーナーを使うのは、大きなゴミを手拾いしてから。この手拾いには地域の方をはじめ多くの人が参加している。

けがにつながるような危険なガラス片や釘、生態系への影響が問題視されているマイクロプラスチック汚染につながるペットボトルなど、さまざまなゴミを分別し回収。人の力と技術の力で“素足で歩ける砂浜”を取り戻すのだ。

画像: プラスチック系のゴミ

プラスチック系のゴミ

画像: 釘やネジ等の金属系のゴミ

釘やネジ等の金属系のゴミ

2021年秋には大分県で新たなプロジェクトを実施予定

Hondaビーチクリーン活動が15周年の節目を迎えるにあたり、車いすの使用者にも参加いただける「Hondaビーチクリーン・ユニバーサルプロジェクト」を、この秋に大分県で実施する予定だ。

この新たな試みを通じ、砂浜を移動する喜び、海辺の楽しさを車いすで体感していただくことで、ビーチクリーン活動から生まれるさらなる喜びの拡大を目指す。

詳しくは公式HPをチェックしてみてほしい。

This article is a sponsored article by
''.