125ccってどう思う? ぶっちゃけ高速道路は乗れないし、パワーも中途半端だし……なんて思っていたんですけどCB125Rが堂々としすぎてて衝撃です。言われなきゃ250ccと勘違いする人、多いと思うんですよねコレ(笑)

コレもう125ccじゃないでしょう?

画像1: コレもう125ccじゃないでしょう?

ホンダから新しく発売されたCB125Rが今回の獲物です。

個人的には125ccってちょっと謎な存在であります。高速道路に乗れないのがどうしてもなぁ……近所のお買い物とか通勤ならスクーターのほうが便利だしね。

でもCB125Rはビビりました。見た瞬間の車体サイズにびっくり。そして……

画像2: コレもう125ccじゃないでしょう?

跨ってさらにビックリ……ボクは身長176cmです。

小さいなんて全然感じないですよコレは! ていうか真面目な話、すげぇデカい。

画像3: コレもう125ccじゃないでしょう?

ちなみにシート高は815mmと、けっこう高いです。でも車両重量は127kgですからね。足着きや取り回しに不安はゼロでした。

画像4: コレもう125ccじゃないでしょう?

膝がまっすぐ伸びて、足を下ろす感じ。

この跨った時の大きさ感がすごい。知らずに跨ったら、ボクは250ccクラスだと勘違いする自信があります(笑)

走らせても勘違いするかも!

画像1: 走らせても勘違いするかも!

さらに、動かしてみて驚き。

けっこうパワー感あるんですよ。最高出力13馬力ですが、低速からの力強さが目立ちます。クラッチがつながっちゃえば、パワー不足は感じません。

変な言い方ですけど「遅い250ccです」って言われたら信じてしまいそう……。

画像2: 走らせても勘違いするかも!

エンジンのフィーリングは低速から高回転域まで全域フラットにパワフル。扱いやすさが際立つ特性です。

運転技術に不安があっても、これなら誰でも自信を持って走れるはず。都市交通レベルのペースなら充分なパワーがあります。

それにしても豪華すぎる……

画像1: それにしても豪華すぎる……

もう絶対コレ、125ccに見えないって(笑)

いろいろゴージャスすぎ! フロントフォークはΦ41mmの極太でさらにバネ下重量が軽い倒立フォークですよ?

画像2: それにしても豪華すぎる……

さらに驚きのブレーキキャリパーがラジアルマウント! 国産バイクでこんな125cc、見たことないよ。しかもABS標準装備だし!?

最初はプライスタグの44万8000円ってチョット高いかなぁ~と思ってたんですけど、実車を見て、乗るとだんだんそう思えなくなってきます。

画像3: それにしても豪華すぎる……

ヘッドライトもデザインされたLEDですしね。高級感バリバリです。

うーん、これくらい堂々としてるならイイなぁ…大人が乗ってても恥ずかしくない。CB125Rはちゃんと「バイクが趣味です」って他人に言える感じですね。

画像4: それにしても豪華すぎる……

休日にちょっと出かけたりとか、今よりアクティブに過ごしたくなると思う。これがあったらボクの出不精も解決するかもしれないな、と思いました(笑)

やっぱ軽いバイクっていいね、気軽だし疲れないもん。

思い切り走らせたら、どうだ?

画像1: 思い切り走らせたら、どうだ?

見た目の満足感は高いCB125R。しかし! やはりバイクは走らせてナンボでしょう?

こんなにスポーティなスタイルだしね。なので一丁、ワインディングにも挑戦しました。

前回乗ったCBR250RRとは毛色が違います。ハンドリングは穏やかな性格で、どっしりした安定感が持ち味です。

画像2: 思い切り走らせたら、どうだ?

ステップが金属でラバーじゃないから車体がホールドしやすいのは好感触でした。それとリヤサスペンションが良かった。しなやかな動きで接地感が高いです。

画像3: 思い切り走らせたら、どうだ?

スピードを乗せたコーナリングでもスロットルオンで後輪の接地感が感じられて安心。足周りがしっかりしてて、ちゃんとエンジンにパワーがあるからこそ可能な技です。

エンジンをブン回してギンギンに走らせるというよりも、安定感を生かしてコーナリングを味わうのが楽しいキャラクターだと思います。

でも高回転まで回した時のサウンドはお気に入り。けっこう勇ましいですから!

画像4: 思い切り走らせたら、どうだ?

車体のどっしり感とエンジンの特性でいえば、性格的にツーリングバイクに似たところがあるかも。疲れずに長距離もマイペースで走れます。

ネイキッドってそもそも万能系ですからね。CB125Rもホンダらしく、正しくネイキッドスポーツとして完成してるってことでしょう!

125ccでもCBは、やっぱりCBだ!

画像: 撮影/北岡博樹

撮影/北岡博樹

実力で納得させられてしまった感じですね。ここまで完成度が高いと125ccなんて中途半端だろ? なんて口が裂けても言えません……

CB125Rは間違いなくホンダの「CB」だ、っていう走りをするんです。誤解を恐れずに言うなら、走り方のニュアンスがCB1300シリーズに近いと感じています。

排気量は関係ない。 小なりと言えど「CB」ブランドを名乗るだけはあります。

これぞ正統派のド真ん中。CBにはいつの時代も、どのバイクにも『ブレない芯』が貫かれているんです!

This article is a sponsored article by
''.